目録システム利用マニュアル


[目次]
[前ページ] 付.B.1 データベース仕様の概要
[次ページ] 付.D 特殊文字・記号

付録.C インデクス作成仕様

 ここでは、インデクス作成仕様の一覧を示す。

■AKEY作成仕様

 AKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。なお、AKEYはひらがな/カタカナ、促音、拗音などの大小を区別している。

 AKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 AKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。

●インデクス作成手順

1.TRDとTRR

2.HDNGDとHDNGR

3.SAFDとSAFR

■AUTHKEY作成仕様

 AUTHKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて以下のフィールドから作成される。

 INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 なお、AUTHKEY作成時には以下の条件が適用される。

 それぞれのフィールドについて以下のように語の切り出しを行い、正規化してAUTHKEYとする。

 注:△は半角スペース。記号は全て半角。

TRD

CWA

PTBTR

PTBNO

AHDNG

AHDNGR、AHDNGVR

AHDNGとAHDNGR

UTHDNG

UTHDNGR、UTHDNGVR

UTHDNGとUTHDNGR

HDNGD

HDNGR、HDNGVR

HDNGDとHDNGR

SFD

SFR、SFVR

SFDとSFR

SAFD

SAFR、SAFVR

SAFDとSAFR

■DDCKEY作成仕様

 DDCKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 DDCKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 DDCKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

■FTITLEKEY作成仕様

 FTITLEKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。

 INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 FTITLEKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 FTITLEKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。

●インデクス作成手順

1.BOOK、PREBOOK、RECON、SERIAL、JPMARC、JPMARCS、TRCMARC、USMARC、USMARCS、USMARCX、GPOMARC、UKMARC、DNMARC、CHMARC、REMARC、KORMARC

2.TITLE、USMARCT

■ISBNKEY作成仕様

 ISSNKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 ISBNKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 ISBNKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。

●インデクス作成手順

 記録されているISBNの種類によってそれぞれ次の処理を行い、常に10桁及び13桁の両ISBN用のISBN検索用インデクス(ISBNKEY)を作成する。

1. 10桁ISBNの場合

2. 「978」で始まる13桁ISBNの場合

3. 「979」で始まる13桁ISBNの場合

■ISSNKEY作成仕様

 ISSNKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 ISSNKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 ISSNKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。

 フィールド値そのものをインデクスとする。

■LANGKEY作成仕様

 LANGKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 LANGKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 LANGKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。

 各フィールドからの作成方法は以下のとおり。

LOCKEY作成仕様

 LOCKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 LOCKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 LOCKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。フィールド値そのものを組み合わせてインデクスとする。

■NDCKEY作成仕様

 NDCKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 NDCKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 NDCKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

 正規化する。正規化は以下のように行う。

 桁補正を行う。

■OTHNKEY作成仕様

 OTHNKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 OTHNKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 OTHNKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

 デリミタごとにインデクスを切り出す。

■PLACEKEY作成仕様

 PLACEKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 PLACEKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 PLACEKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

■PTBLKEY作成仕様

 PTBLKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 PTBLKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 PTBLKEYの作成対象フィールドと作業方法は、以下のとおり。

PTBTR、PTBTRR、PTBTRVR

PTBTRとPTBTRR

 なお、PTBLKEY作成時には以下の条件が適用される。

■PUBLKEY作成仕様

 PUBLKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 PUBLKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 PUBLKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

■PUBPKEY作成仕様

 PUBPKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 PUBPKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 PUBPKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

■SHKEY作成仕様

 SHKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 SHKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 SHKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

■TIMEKEY作成仕様

 TIMEKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 TIMEKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 TIMEKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

■TITLEKEY作成仕様

 TITLEKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバに作成される。

 INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 TITLEKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 TITLEKEYの作成対象フィールドと作成方法は以下のとおり。

 それぞれのフィールドについて以下のように語の切り出しを行い、正規化してTITLEKEYとする。

 なお、TITLEKEY作成時には以下の条件が適用される。

 注:△は半角スペース。記号は全て半角。

TRD、TRR、TRVR

TRDとTRR

VTD、VTR、VTVR

VTDとVTR

CWT、CWR、CWVR

CWTとCWR

PTBNO

UTHDNG

UTHDNGR、UTHDNGVR

UTHDNGとUTHDNGR

HDNGD

HDNGR、HDNGVR

HDNGDとHDNGR

SFD

SFR、SFVR

SFDとSFR

SAFD

SAFR、SAFVR

SAFDとSAFR

■VOLKEY作成仕様

 VOLKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 VOLKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 VOLKEYの作成対象フィールドと作成方法は、以下のとおり。

 なお、VOLKEY作成時には以下の条件が適用される。

■YEARKEY作成仕様

 YEARKEYはデータのINSERT、UPDATE時にサーバにて作成される。INSERT、UPDATEできないデータについても、DBへの追加時に作成される。

 YEARKEY作成対象テーブルは以下のとおり。

 YEARKEYの作成対象フィールドは、以下のとおり。

 フィールド値そのものをインデクスとする。


[ページの先頭]