ILLシステム操作マニュアル  第7版 > 5 依頼館業務 > 5.1 ILL業務の手順  5.1.6 依頼を取り消す

  << 5.1.5 返却資料に関する問合せ(受付館)と回答(依頼館)  |  5.2 ILLレコード作成 >>


5.1.6 依頼を取り消す

依頼館が,すでに作成した依頼を取り消す手順である。

■ 依頼を取り消す(図5.1.6)



コマンド参照項 
CANCEL 5.11 依頼を取り消す p.73

■ 受付館への連絡

依頼を取り消す場合,受付館に連絡が必要な場合と,レコード操作だけで取り消しできる場合の2通りがある。

C 「処理中」 依頼送信後,受付館が受付けて「処理中」になった場合
※電話等で受付館に連絡をとり,[INQUIRE]を実行して「新着照会」にしてもらう。これは,次候補館がある場合に[PARDON]を実行すると,次候補館にレコードが転送されてしまうためである。
D 「新着照会」 受付館への返答が求められている場合
(例:複写済みで料金の支払いを待っているような場合)
E 「照会」
A 「準備中」 受付館が処理する前の状態
B 「未処理」
D 「新着照会」 全ての依頼館に謝絶された場合など,受付館への回答が不要な場合
※謝絶された場合,コメント<CMMNT>には「指定した全ての受付館で謝絶されました。」と付記されている。
E 「照会」

ILLシステム操作マニュアル  第7版 > 5 依頼館業務 > 5.1 ILL業務の手順  5.1.6 依頼を取り消す

  << 5.1.5 返却資料に関する問合せ(受付館)と回答(依頼館)  |  5.2 ILLレコード作成 >>

  [ページの先頭]


Copyright(C) National Institute of Informatics