ILLシステム操作マニュアル  第7版 > 5 依頼館業務 > 5.2 ILLレコード作成 > 5.2.2 参照ファイルを利用した依頼

  << 5.2.1 ILLレコードの作成  |  5.2.3 ノーヒットからの依頼 >>


5.2.2 参照ファイルを利用した依頼

総合目録データベースに該当する書誌レコードが登録されていなくても,他の手段(電話やFAXによる問合せ,冊子体蔵書目録等)によって所蔵館を確認できる場合がある。その際,参照ファイルに該当する書誌レコードが存在すれば,その書誌事項を利用してILLレコードを作成することができる。(参照:p.11「参照ファイルの種類」

■ 参照ファイルを利用した依頼の流れ

目録検索
  書誌検索の結果,総合目録データベースには書誌レコードが登録されておらず,参照ファイルにのみヒットすることが判明。
冊子体蔵書目録など,他の方法で参加館の所蔵を確認
  
レコード作成参照ファイルの書誌レコードを利用してILLレコードを作成し,依頼内容を入力する。

■ 操作例

依頼館は,参照ファイルの書誌レコードを利用して雑誌論文の複写依頼を行う。
雑誌のタイトル等:
論文名等:
支払区分:
申込者氏名・所属:
所蔵館:
所蔵典拠:
「英語表現研究」日本英語表現学会 17号(2000) p.11-19
島津厚久"The assistant における「白」と「黒」―Frankの自己超越プロセス"
公費(pb)
相互太郎・文学部教授
一橋大学附属図書館(所蔵館コード:FA002010)
冊子体蔵書目録

1 種々の検索条件(検索キー)で検索を行ったが,参照ファイルにしかヒットしなかった。

データベース中に所蔵を示すレコードが存在しない。

冊子体蔵書目録により,一橋大学附属図書館(FA002010)が所蔵していることが判明した。

ILLレコードの作成作業に移行する。



2 参照ファイルの書誌レコードの書誌IDと雑誌のタイトルが,ILLレコードの書誌ID<BIBID>,書誌事項<BIBNT>フィールドに転記される。

論文のタイトルや論文の著者のほか,必要事項を入力する。


ヒント

冊子体蔵書目録での所蔵館情報の確認
冊子体蔵書目録等で所蔵館情報を確認する。所蔵館コード<HMLID>に入力する参加組織レコードIDは,参加組織の検索で確認し,各自で入力する必要がある。
参照:p.113「8.3 他館の参加組織レコードを参照する」


ILLシステム操作マニュアル  第7版 > 5 依頼館業務 > 5.2 ILLレコード作成 > 5.2.2 参照ファイルを利用した依頼

  << 5.2.1 ILLレコードの作成  |  5.2.3 ノーヒットからの依頼 >>

  [ページの先頭]


Copyright(C) National Institute of Informatics