目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]0.4 新規レコード作成の指針
[次ページ]0.4.2 図書書誌レコード(親書誌)

0.4.1 図書書誌レコード

 図書書誌ファイルへの単行書誌単位のレコードのレコード登録に際しては、以下の指針に従って、既存レコードが目録対象資料に対応するものであるかどうかの判断を行う。

0.4.1A 〔通則〕

A1

 既存レコードのデータ内容が、次の条件のうち少なくとも1つを満たさないために、目録対象資料に対応していない場合は、新規レコードの作成が妥当である。

A2

 これらの条件の確認は、実際には、次のフィールドのデータ内容と目録対象資料を対比することによって行う。

 これらのフィールドのデータ内容の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。

A3

 入力レベルが「選択」であるフィールド(及びデータ要素)のデータ内容の相違だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

0.4.1B 〔新規レコード作成の判断基準〕

B1 〔GMD/SMD〕

 GMDフィールド及びSMDフィールドのデータ内容の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 ただし、目録対象資料が複合媒体資料である場合は、さらにPHYSフィールド及びNOTEフィールドのデータ内容のチェックを行う必要がある。

B2 〔VOL(巻冊次、説明語句)〕

 これらのデータ要素の相違だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。
 必ず、他のフィールド(及びデータ要素)のデータ内容のチェックを行う必要がある。

B3 〔TR〕

B3.1 (本タイトル)

 本タイトルの相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 主として洋資料については、次のような場合、新規レコードの作成が妥当である可能性が高い。

 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

 これらのタイトルは可能な限り、該当する書誌レコードのVTフィールドに追記することが望ましい。

B3.2 (タイトル関連情報)

 タイトル関連情報の相違のみで対応関係の判断を行ってはならない。
 必ず、他のフィールド(及びデータ要素)のデータ内容のチェックを行う必要がある。

B3.3 (並列タイトル)

 並列タイトルの相違のみで対応関係の判断を行ってはならない。
 例えば、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B3.4 (責任表示)

 責任表示の相違のみで対応関係の判断を行ってはならない。
 例えば、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B3.5 (並列責任表示、本タイトルのヨミ、タイトル関連情報のヨミ、並列タイトルのヨミ)

 これらのデータ要素の相違のみで対応関係の判断を行ってはならない。
 必ず、他のフィールド(及びデータ要素)のデータ内容のチェックを行う必要がある。

B4 〔ED〕

B4.1 (版表示、副次的版表示)

 これらのデータ要素の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 例えば、次のような場合は、新規レコードの作成が妥当である可能性が高い。

 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B4.2 (並列版表示、版にかかわる責任表示、副次的版にかかわる責任表示)

 これらのデータ要素の相違のみで対応関係の判断を行ってはならない。
 必ず、他のフィールド(及びデータ要素)のデータ内容のチェックを行う必要がある。

B5 〔PUB〕

B5.1 (出版地・頒布地等)

 出版地・頒布地等の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 例えば、次のような場合は、新規レコードの作成が妥当である可能性が高い。

 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B5.2 (出版者・頒布者等)

 出版者・頒布者等の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B5.3 (出版・頒布等の日付)

 出版・頒布等の日付の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B6 〔PHYS〕

B6.1 (数量)

 数量の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 例えば、次のような場合は、新規レコードの作成が妥当である可能性が高い。

 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B6.2 (その他の形態的細目)

 その他の形態的細目の相違だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。
 必ず、他のフィールド(及びデータ要素)のデータ内容のチェックを行う必要がある。

B6.3 (大きさ、付属資料)

 これらのデータ要素の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 例えば、次のような場合は、新規レコードの作成が妥当である可能性が高い。

B7 〔NOTE〕

 資料種別の同一性及び版の同一性にかかわる情報は、NOTEフィールドにのみ記録される場合がある。
 その場合、このフィールドのデータ内容の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。

B8 〔PTBL〕

 PTBLのデータ内容の相違は、新規レコード作成の根拠となりうる。
 しかし、次の理由だけでは、新規レコード作成の根拠とはならない。

B9 〔その他のフィールド〕

 上記以外のフィールドのデータ内容の相違だけでは、通常、新規レコード作成の根拠とはならない。
 ただし、次のような場合は、関連するフィールド(及びデータ要素)のデータ内容の相違の度合いによって、新規レコード作成の根拠となる可能性がある。

0.4.1C (選択事項)

 既存レコードが目録対象資料に対応すると認められる場合でも、次の条件に該当するときに限り、新規レコードを作成することができる。

 この場合、当該既存レコードのレコード修正を行うか、それとも新規レコードを作成するかは、各参加組織が自由に選択する。

0.4.1D 《注意事項》

 既存レコードの特定のフィールドのデータ内容の相違のみによって自動的に新規レコードの作成が正当化されることはない。
 対応関係の最終的な確認は、当該既存レコード全体及び当該目録対象資料全体について行う必要がある。

 既存レコードのID&コードブロック(ただし、GMD、SMD及びVOLフィールドを除く)及び主題ブロックの各フィールドのデータ内容の相違だけでは、対応関係の間接的な確認材料にはなるが、新規レコード作成の根拠とはならない。


[ページの先頭]