目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]10.3.1 TYPE
[次ページ]第12章 著者名典拠レコード(日本名以外:団体名)

10.3.4 DATE

10.3.4 A 〔形式〕

形式

10.3.4 B 〔記述文法〕

記述文法

10.3.4C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 DATEフィールドには、統一標目形(HDNG)にかかわる時間情報をコード化して記録する。
 DATEフィールドのデータ要素は、開催年のみである。
 DATEフィールドは、統一標目形にかかわる時間情報による検索、統計処理等を可能にするために設けられたフィールドである。

10.3.4D 〔データ記入及び記入例〕

D1

 開催年には、統一標目形に示される会議、大会等の開催日時に対応する西暦年を記入する。

HDNG:旧福島コレクション展覧会||キュウ フクシマ コレクション テンランカイ
DATE:1966
NOTE:1966.4.19-5.29 : ブリジストン美術館

D2

 開催年が複数ある場合は、年号の昇順に開催年を記入する。
 それぞれの開催年の間にはセミコロン(;)を記入する。

HDNG:全日本マスターズ陸上競技選手権大会||ゼンニホン マスターズ リクジョウ キョウギ センシュケン タイカイ
DATE:1984;1985
NOTE:第5回 : 昭和59年10月6日〜7日 : 沖縄市営総合運動公園陸上競技場
NOTE:第6回 : 昭和60年10月12日〜13日 : 鳴門総合運動公園陸上競技場

D3

 開催年が推定年であっても、開催年には対応する西暦年を記入する。
 開催年に対応する西暦年が不明の場合は、不明部分の数字をハイフンで代用する。

10.3.4E 《注意事項》

 セミコロンは、開催年の直後に記入する。また、2番目以降の開催年は、セミコロンの直後に記入する。
 セミコロンの前後にスペースを記入してはならない。

〔関連項目〕


[ページの先頭]