目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]12.3.2 UNID
[次ページ]12.3.4 DATE

12.3.3 PLACE

12.3.3A 〔形式〕

PLACE 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
場所 選択 可変長 254 バイト 1

12.3.3B 〔記述文法〕

記述文法

12.3.3C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 PLACE には統一標目形にかかわる場所情報を記録する。
 PLACE は、統一標目形にかかわる場所情報による検索、統計処理等を可能にするために設けられたフィールドである。
 PLACE のデータ要素は、設立地、所在地である。

12.3.3D 〔データ記入及び記入例〕

D1

 HDNG に記録した団体の設立地、所在地にあたる地名を記録する。
 地名の表記には、記述情報源にあるもののうち、統一標目形と合致した言語での慣用形とする。識別に必要な場合は、別称を付記することができる。

HDNG:Amedeo Storti
PLACE:Venezia (Venice)

D2

 原則として都市名を記録する。識別に必要な場合は、国名、州名などを付記することができる。都市名が判明しない場合は、国名、州名、地域名などを記録する。日本国内の地名については、市町村名を記録する。

HDNG:International Group for the Study of Women
PLACE:Tokyo
HDNG:European Micropublishing Services
PLACE:Dublin,Ireland

D3

 団体の存続中に地方法域名や地理的所在地名が変わった場合は、原則として設立時の名称を記録する。
 その地名に対する現在の地名が判明する場合は、その現在の地名を付記することができる。
 設立時の地名が判明しない場合は地域名を記録することができる。

HDNG:Centre nationale de rechrches scientifiques et techniques (Vietnam)
PLACE:Saigon (Ho Chi Minh)

D4

 団体の設立地と現在の所在地が異なり、それがともに判明している場合は、双方を記録することができる。記録順は、原則として、設立地、所在地の順とする。また、団体の所在地が変更になった場合、複数の地名を記録することができる。記録順は時代の古い方を先に記録する。複数の地名の間には、「 ; 」 (セミコロン) を記入する。

HDNG:Fdration internationale de football association
PLACE:Paris;Basel,Switzerland

〔関連項目〕


[ページの先頭]