目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]1.1.2 転記の原則
[次ページ]第2章 和図書書誌レコード

1.1.3 記号の表記法

1.1.3A 〔原則〕

 目録システム用文字セットに含まれる記号については、転記の原則に従い、当該記号を用いてデータ記入を行う。(→ 1.1.2 転記の原則)

 目録システム用文字セットに含まれない記号については、外字として扱う。(→ 1.2 外字)

1.1.3B 〈例外規定〉

 以下の記号については、上記の原則にかかわりなく、それぞれの項に示した方法によってデータ記入を行う。

(1) 不等号(< >)
次のフィールドにおいては、不等号は使用しない。代わりに、和書においてはかぎ括弧(「」)、洋書においてはダブルクォーテーション(” ”)を使用する。
(2) ダッシュ(―)
すべてのフィールドにおいて、ダッシュは使用しない。代わりに、ハイフン2つ(- -)を使用する。

1.1.3C 《注意事項》

 不等号は、レコードIDを識別するための区切り記号として使用される。(→ 1.0.2 データ要素間の区切り記号)
 目録対象資料(及びデータ記入の拠り所となった資料)に表記されている文字種が不等号であっても、上記〈例外規定〉に示されたフィールドにおいては、決して、不等号を不等号としてデータ記入を行ってはならない。


[ページの先頭]