目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]1.1.3 記号の表記法
[次ページ]2.0 通則

第2章 和図書書誌レコード

 この章では、和図書として扱うべき単行書誌単位のレコードについて、新規入力におけるデータ記入の方法を示す。

 流用入力及びレコード修正におけるデータ記入の方法のうち、それぞれの章で特に規定されていない事項については、この章の規定に従ってデータ記入を行う。

 第3章から第7章で規定する事項のうち、この章と共通するものについては、それぞれの章でさらに別の規定が示されていない限り、この章の規定に従ってデータ記入を行う。

〔目録規則との対応関係〕

 それぞれのフィールドにデータ記入を行う際に準拠すべき「日本目録規則1987年版改訂3版」(以下NCR87R3という)の条項番号を、以下に示す。

 「 ― 」は、準拠すべき条項が存在しないことを示す。
 番号を丸括弧で括ってあるものは、参照すべき条項であるが、当該条項に準拠するわけではないことを示す。

 なお、準拠すべき条項であっても、「目録情報の基準」と相違する事項に関しては、「目録情報の基準」に従うことに注意する必要がある。(→ 第50章、第51章)

2.0.1 固有のタイトル  
2.0.2 書誌構造  
2.0.3 出版物理単位 (1.10)
2.0.4 複製・原本代替資料 1.0.3.1A
2.0.5 付属資料 1.5.4
2.0.6 更新資料 13
     
2.1.1 ID  
2.1.2 MARCFLG  
2.1.3 GMD (1.1.2, 2.1.2)
2.1.4 SMD (1.1.2, 2.1.2)
2.1.5 YEAR  
2.1.6 CNTRY  
2.1.7 TTLL  
2.1.8 TXTL  
2.1.9 ORGL  
2.1.10 REPRO  
2.1.11 VOL 1.10
2.1.12 ISBN 1.8.1, 2.8.1
2.1.13 PRICE 1.8.3, 2.8.3
2.1.14 XISBN 1.8.1, 2.8.1
2.1.15 ISSN 1.6.5, 1.8.1, 2.6.5
2.1.16 NBN 1.8.1
2.1.17 NDLCN 1.8.1
2.1.18 GPON 1.8.1
2.1.19 OTHN 1.8.1
     
2.2.1 TR 1.1, 2.1, 22
2.2.2 ED 1.2, 2.2
2.2.3 PUB 1.4, 2.4
2.2.4 PHYS 1.5, 2.5
2.2.5 VT (1.7, 2.7), 22, 26
2.2.6 CW (1.7, 2.7)
2.2.7 NOTE 1.7,  2.7
     
2.3.1 PTBL 1.1, (1.6), 2.1, 13.1, 22, 26
2.3.2 AL 23
2.3.3 UTL 26, 付録4
     
2.4.1 CLS 25
2.4.2 SH 24

[ページの先頭]