目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]21.0 図書書誌レコード修正指針
[次ページ]第23章 雑誌書誌レコード修正

21.1 図書書誌レコード修正 修正事項一覧

 ここでは、図書書誌ファイルに登録されたすべての書誌レコードについて、各フィールドごとの具体的な修正事項と、その作業の区分を一覧表に示す。
 原則として、和図書/洋図書、子書誌/親書誌のすべてについて一括して記述している。しかし、特定のレコードに限定される場合は、【親書誌】、【洋図書】等の下に記述している。

21.1A 〔通則〕

A1

 修正事項には、書誌レコードに対してかかるであろうと予想される修正の内容を列挙してある。
 この表に掲載されている以外に何らかの修正事由が出現した場合は、修正の内容をセンターに連絡する。

A2

 「発見館修正可」とは、修正すべき事項を発見した館が独自に慎重に修正することが可能である、ということである。
 「作成館と協議」とは、修正すべき事項を発見した館が当該書誌の作成館に連絡をとり、修正を行うかどうかを協議する必要がある、ということである。
 「所蔵館に連絡」とは、修正を行った場合に、当該書誌に対応する資料の所蔵館に対しても修正の連絡を行う必要がある、ということである。

A3

 また、作成館と協議し、修正した結果によっては、センターに対して報告を行わなければならないものがある。特に、書誌レコードの重複が発生した場合はセンターへ報告を行わなければならない。

A4

 所蔵館に連絡するとき、センターに連絡作業を依頼することができる。

21.1 B 〔修正事項一覧〕

フィールド名 修 正 事 項
(例示・注意事項)
発見館修正可 作成館と協議 所蔵館に連絡
GMD, SMD (1) コード表改定に伴う訂正

(2) 明らかに不正なコードの訂正

(3) 記録されるべきコードがありながら未記入であるときのデータの追加

(4) 主たる資料種別コードの選択の相違によるコードの訂正

(5) データの削除

YEAR, CNTRY, TTLL, TXTL, ORGL, REPRO (1) コード表改定に伴う訂正

(2) 明らかに不正なコード、データの訂正

(3) 記録されるべきコードがありながら未記入であるときのデータの追加

(4) VOLフィールドの追加に伴うデータの訂正
(YEAR,ただし最終巻がない限り刊行終了年は追加できない)


(5) 目録対象資料が複数言語で記述されている場合のコードの追加

(6) データの削除
(特にREPRO)


VOL (1) 新たな巻冊次・部編名の追加

(2) 装丁に関わる特殊な版表示に関わる語句の追加

(3) ISBNの説明語句の追加

(4) 区切り記号の訂正

(5) VOLフィールドのデータが長すぎるときのデータのVOLフィールドからNOTEフィールドへの移動
(ただし、出版物理単位を識別するために必要な情報は残すこと)


(6) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(7) 書誌単位の取りかたの相違等による個別書誌の統合化
(この場合、重複書誌レコードの報告が必要)

(8) 書誌レコードを分割するような場合でのVOLの削除
例:装丁に関わる特殊な版表示があるときの分割

(9) 書誌単位の変更の結果、階層として表現するためにVOLフィールドを削除するような場合
(10) 価格に対する説明語句等の記述を削除する場合

ISBN, XISBN, ISSN (1) 空値に対するデータの追加

(2) 既述されてあるISBN,ISSNをXISBN,OTHNに移動
(最新の値に訂正するか、既述のものが間違いであったような場合)


(3) XISBNの追加

(4) データの削除

PRICE (1) 空値に対するデータの追加

(2) 最新の情報を基にしたデータの訂正

NBN, LCCN
GPON OTHN, NDLCN
(1) 空値に対するデータの追加

(2) フィールドの追加
(LCCN,GPONはOTHNに記入)


(3) 各参照MARC流用時の不適切データの訂正

(4) データの削除

TR
(タイトル)
【子書誌】
(1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字、字体の書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形からキリル文字への書き換え
  (ただし、漢字の字体については、転記の原則に従う方向でのみ書き換えを認める)


(5) ルビの記入

(6) ヨミの追加

(7) 明らかに誤りであるときのヨミの訂正

(8) 分かち書きの訂正

※(4)〜(8)については、今まで記述されていた形、若しくはTRに採用されなかったものはVTに追加して記録することが望ましい
(9) タイトル関連情報の追加


(10) タイトル関連情報のヨミの追加

(11) 並列タイトル、並列タイトル関連情報の追加

※ (11)について、修正対象資料が複数の出版物理単位からなるときには、記述の根拠とした巻以外からの情報を利用してはならない。必要に応じてそれらはNOTEに注記する。
(12) データ要素の削除
(13) データ要素の一部をPTBLに移動又はその逆
(14) データ要素の一部をEDに移動又はその逆
(ただし,修正の前の形についてはVTに記述する)


(15) データ要素の一部をVOLに移動又はその逆
(ただし,修正の前の形についてはVTに記述する)

(16) データ要素の記述順序の並べ替え
(ただし,修正の前の形についてはVTに記述する)
例:本タイトルの一部としていたものをタイトル関連情報に移動又はその逆


(17) データ要素の一部をNOTEに移動
(ただし,修正の前の形についてはVTに記述する)


【親書誌】(番号は【子書誌】に対応)
(1)〜(8) 【子書誌】(1)〜(8)と同じ

(9)〜(11) 【子書誌】(9)〜(11) と同じ
(ただし、記述の根拠とした巻以外の情報による記述の追加は行なってはならない。必要に応じてそれらはNOTEに注記する)


(12) データ要素の削除
(13)〜(17) 【子書誌】(13)〜(17)と同じ

(18) 終期を予定しないシリーズものにおける,初巻またはそれに近い巻に基づく記述への訂正
(ただし,訂正前の形についてはVTに記述する)


TR
(責任表示)
【子書誌】
(1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字、字体の書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形からキリル文字への書き換え
  (ただし、漢字の字体については、転記の原則に従う方向でのみ書き換えを認める)


(5) 書誌内容の変更を伴わない責任表示の追加

(6) 書誌内容の変更を伴う責任表示の追加

(7) 責任表示の変更

(8) 責任表示の削除
(責任表示に何らかの修正が加えられた場合は、ALについてもそれに対応した修正を行う。ただし、対象となる書誌レコードが複数の出版物理単位から成るとき、それが部編名ごとに異なる責任表示を有する場合は、別書誌レコードを作成する)


(9) 並列責任表示の追加

【親書誌】
(1) 責任表示の修正
(ただし、親書誌レコードにおける責任表示の記入は各参加組織の選択事項である。また、子書誌全体にかかるもの以外は追加してはならない)


ED (1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字、字体の書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形からキリル文字への書き換え
  (ただし、漢字の字体については、転記の原則に従う方向でのみ書き換えを認める)


(5) 副次的版表示の追加

(6) 2番目以降の版責任表示の追加

(7) (【洋図書】)並列版責任表示の追加

(8) 省略形と完全形の書き替え

(9) TRからEDへの転記

(10) NOTEからEDへの転記
(ただし、装丁に関わる特殊な版表示はVOLに転記する)


(11) 「初版」の記入
(ただし、書誌レコード作成時に記入するかどうかは各参加組織の選択事項である)


(12) データの削除
(13) (【洋図書】)並列版表示の追加

PUB
(出版地・出版者)
【子書誌】
(1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字、字体の書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形からキリル文字への書き換え
  (ただし、漢字の字体については、転記の原則に従う方向でのみ書き換えを認める)


(5) 出版地・頒布地、出版者・頒布者、製作地・製作者の追加
(複数の出版物理単位から成る資料で、記述の根拠としなかった巻からの情報を追加してはならない。必要ならばそれらはNOTEに注記する)


(6) 出版者の省略形と完全形の書き替え

(7) 同一国内での出版地・頒布地の書き換え

(8) 互いに異なる国での出版地・頒布地の書き換え

(9) (【洋図書】)目録作成機関の母国に関わる記述を行う場合の第2出版地・第2出版者の記述

(10) NOTEフィールドに記述されているその他の出版事項のPUBフィールドへの転記

(11) データ要素の削除
【親書誌】
(1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字、字体の書き換え

(5) 出版者の省略形と完全形の書き換え

(6) 終期を予定しないシリーズものに対する、記述の根拠とした巻より前の巻又は初巻に基づく記述の修正

(7) データ要素の削除

※ ただし,記述の根拠とした巻に記載されておらず、その他の巻に記載されていた情報を追加してはならない。必要ならばそれらはNOTEに注記する
PUB
(出版年)
(1) 既に記録されている出版年に対する、その記録が任意である著作権取得年の追加

(2) 不確定のデータに対する、記述対象資料中の主情報源以外のところからのデータ記入

(3) 著作権取得年による記述に対する、資料のその版での初刷の年の修正

(4) シリーズ若しくは複数の出版物理単位から成る書誌レコードに対する資料の刊行終了年の追加

(5) データの削除

PHYS (1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(3) 記入されていない前付頁等の記述追加

(4) VOLフィールドの追加に伴う記述の訂正

(5) 完結した全集・講座・セット物などの巻数の追加

(6) 記入されていないその他の形態細目の追加

(7) NOTEフィールドに記録されている付属資料の転記

(8) データ要素の削除

VT (1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字の誤りに対する書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形をキリル文字になおす書き換え


(5) ルビの記入

(6) ヨミの追加

(7) 明らかに誤りであるときのヨミの訂正

(8) 不正なタイトルの種類コードの訂正

(9) 明らかに誤りであるときの分かち書きの訂正
(ただし、明らかに誤りであるかどうかがはっきりしないような場合は、検索の便を考慮してフィールドを追加して他の可能性のある分かちによるヨミを追加する)


(10) フィールドの追加

(11) 重複しているVTフィールドの調整

※ 原則として明らかに誤りでない限り、データの削除は行わない
CW (1) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(2) (1)以外の句読点等の記号の訂正

(3) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(4) 外字、翻字、字体の書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形をキリル文字になおす書き換え
  (ただし、漢字の字体については、転記の原則に従う方向でのみ書き換えを認める)


(5) ルビの記入

(6) ヨミの追加

(7) 明らかに誤りであるときのヨミの訂正

(8) 分かち書きの訂正

(9) フィールドの追加

(10) NOTEフィールドに記述されている内容注記のCWフィールドへの転記

(11) データ要素の一部(又はすべて)をTRフィールド若しくはVOLフィールドに転記
(この結果、書誌の重複が発生した場合にはセンターにあてて重複書誌レコードの報告を行う)


(12) データの削除

NOTE (1) 資料の特性に関する事項についてはTRの(1)〜(4)に同じ

(2) 初刷の情報源によるデータ修正に伴う、刷の情報の削除

(3) 版の同一性に関わる注記の訂正

(4) VOL分割に関わる注記の訂正

(5) 出版物理単位、集合書誌単位に対する、記述の根拠と しなかった巻号等についての注記の追加

(6) PHYSフィールドへ移動された付属資料の物理的事項に関する注記の削除

(7) (1)〜(6)以外の書誌的事項や資料の内容に関わる注記の追加

(8) (1)〜(6)以外の書誌的事項や資料の内容に関わる注記の削除

PTBL
(親書誌タイトル等)
(1) 強制リンクによる修正
(ただし、親書誌のTRの修正が正しいものであるかどうかは慎重に検討することが必要)


(2) フィールドの新規追加
(3) 親書誌レコードのリンク先の変更
(ただし、親書誌の重複に伴う付け替えであるときは発見館で修正可)


(4) フィールドの削除
※ 記述の内容自体については、TRの親書誌の項を参照すること
※ PTBLフィールドの構造の種類コードについては各参加館の都合によって自由に書き替えてよい
PTBL
(番号等)
(1) データの新規追加

(2) VOLフィールドの追加に伴う書き替え

(3) (2)以外の理由によるデータの書き替え

(4) データの削除

PTBL
(中位の書誌のタイトル等)
(1) データの新規追加
(ただし、責任表示の追加については、それが中位の書誌レベル全体にかかるもののみである)


(2) データ要素間の不正な区切り記号の訂正

(3) (2)以外の句読点等の記号の訂正

(4) 転記の際の単純な記入ミスに対する訂正

(5) 外字、翻字、字体の書き換え
例:〓→◆D-----◆への書き換え
  キリル文字の翻字形をキリル文字になおす書き換え
  (ただし、漢字の字体については、転記の原則に従う方向でのみ書き換えを認める)


(6) ルビの記入

(7) ヨミの追加

(8) 明らかに誤りであるときのヨミの修正

(9) 分かち書きの修正

(10) タイトル関連情報の追加

(11) タイトル関連情報のヨミの追加

(12) 並列タイトル・並列タイトル関連情報・並列責任表示などの追加

(13) TRからのデータの転記
(14) VOLからのデータの転記
(15) データの削除
PTBL
(中位の書誌の番号等)
(1) データの新規追加

(2) VOLフィールドの追加に伴う書き替え

(3) (2)以外の理由によるデータの書き替え

(4) データの削除

AL (1) 未リンク標目に対するリンク形成

(2) 未リンク標目の訂正

(3) 強制リンクによる修正
(典拠レコードのHDNGの修正が正しいものであるかどうかについては慎重に検討することが必要)


(4) その他の情報の訂正

(5) 基本記入標目に対する主記入フラグの追加

(6) 標目のリンク先典拠レコードの変更
(ただし、典拠レコードの重複に伴う付け替えであるときは発見館で修正可)


(7) 標目の追加

(8) 標目の削除

(9) 典拠レコードリンクの解消

UTL (1) 未リンク統一タイトル標目に対するリンク形成

(2) 未リンク統一タイトル標目の訂正

(3) 強制リンクによる修正
(典拠レコードのHDNGの修正が正しいものであるかどうかについては慎重に検討することが必要)


(4) その他の情報の追加・訂正

(5) 基本記入標目に対する主記入フラグの追加

(6) 標目のリンク先典拠レコードの変更
(ただし、典拠レコードの重複に伴う付け替えであるときは協議の必要はない)


(7) 標目の追加

(8) 標目の削除
(現在NACSIS-CATでは採用されていない種類の統一タイトル典拠(例:法律書・条約集・原タイトル等)を削除する場合は、発見館で修正可)


(9) 典拠レコードリンクの解消

CLS (1) 異なる分類表に基づく分類標目の追加

(2) 目録対象資料の主題を適切に表現するために必要な重出分類の追加

(3) コード表又は分類表に照らして明らかに誤りである分類の種類コード又は分類標目の訂正

※ 明らかに誤りである場合を除いては、原則としてデータ、標目の削除は行ってはならない
SH (1) 異なる件名標目表に基づく件名標目の追加

(2) 目録対象資料の主題を適切に表現するために必要な件名標目の追加

(3) コード表又は件名標目表に照らして明らかに誤りである件名標目表の種類コード又は件名標目の訂正

(4) 更新された件名標目の新しい標目形への訂正

※ 明らかに誤りである場合を除いては、原則としてデータ、標目の削除は行ってはならない

[ページの先頭]