目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]23.0 雑誌書誌レコード修正指針
[次ページ]第25章 著者名典拠レコード(日本名)修正

23.1 優先度の高い情報源による修正

23.1A [原則]

A1

 雑誌書誌レコードは、初号に基づいて作成する。
 初号がない場合は、所蔵最古号に基づいて書誌レコードを作成する。情報源としてはより古い号を優先する。

A2

 初号以外の号に基づいて作成した場合は、記述の基準とした号をNOTEフィールドに必ず記録する。(→ 7.2.7 F3.1)

23.1B [初号による修正]

B1

 初号以外に基づいて作成された書誌レコードを、初号によって修正を行う場合は、次のように行う。

B2

 原則として、書誌レコードの記述は初号によって最終的に固定される。しかし、初号による書誌データに不備がある場合は、同じ初号によって修正を行うことができる。

23.1C [所蔵最古号による修正]

 初号以外に基づいて作成された書誌レコードを、それよりも古い所蔵最古号によって修正を行う場合は、次のように行う。

23.1D [刊行途中の号による修正]

 初号以降の号では、次のような修正が考えられる。

23.1E [終号による修正]

終号では、次のような修正が必要となる。


[ページの先頭]