目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]2.2.7 NOTE
[次ページ]2.3.1 PTBL

2.3 リンクブロック

2.3A 〔構成〕

 リンクブロックは次の3種類のフィールドから構成される。

PTBLフィールド
ALフィールド
UTLフィールド

 これらは、書誌レコードとその他のレコードとのリンク関係を記録するために設けられたフィールドである。(→ 「基準」 2.7)

A1 PTBLフィールド

 書誌構造(単行書誌単位⇔集合書誌単位)を記録するためのフィールドである。
 このフィールドには当該書誌レコードに対応する集合書誌レベルのレコード(親書誌レコード)が記録される。また、中位の書誌階層レベルの情報が存在する場合には、併せてこのフィールドに記録される。

A2 ALフィールド

 著者標目を記録するために設けられたフィールドである。
 このフィールドには書誌レコードとリンク関係にある著者名典拠レコードのHDNG情報などが記録される。

A3 UTLフィールド

 統一タイトル標目を記録するために設けられたフィールドである。
 このフィールドには書誌レコードとリンク関係にある統一書名典拠レコードのHDNG情報などが記録される。

2.3B 〔データ記入〕

 データ記入に際して、リンクを形成する場合とリンクを形成しない場合、の2つがある。ただし、書誌構造リンクは必ず形成する必要があり、著者名リンク及び統一書名リンクについても、可能な限り形成する必要がある。

B1 リンクを形成する場合

 システムがリンク先レコードのID及びTR又はHDNG情報を自動的に記入する。このため、目録作成時に記入した形や書誌レコード中に記録されている表記とは異なることがある。
 その他の情報、構造の種類については、目録担当者が当該目録対象資料に基づいて、親書誌の番号などを記録する。

B2 リンクを形成しない場合

 ALフィールド、UTLフィールドについては、目録作成者が当該目録対象資料の情報をもとに著者名標目や統一タイトル標目などを記録する。

2.3C 〔見出しの構成〕

 リンクブロックの各フィールド中では、次のような見出しと順序に従い、必要な情報を説明する。

 形式
 記述文法
 フィールド内容とデータ要素
 フィールドの作成
 データ記入及びデータ記入例
 フィールドの繰り返し
 選択事項
 注意事項
 関連項目


[ページの先頭]