目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]2.4 主題ブロック
[次ページ]2.4.2 SH

2.4.1 CLS

2.4.1 A 〔形式〕

形式

2.4.1 B 〔記述文法〕

記述文法

2.4.1C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 CLSフィールドには、目録対象資料にかかわる、分類表の種類及び分類記号をデータ要素として記録する。
 分類表の種類には、使用する分類表の種類をコード化して記録する。
 分類記号には、当該分類表に基づいた分類記号を記録する。

2.4.1D 〔データ記入及び記入例〕

 分類表の種類には、分類表の種類を示す2〜4桁のコードを記入する。(→ 付録 1.5 主題関係のコード)
 分類記号には、それぞれの分類表における分類規程等に従って、分類記号を記入する。
 分類表の種類と分類記号の間には、コロン(:)を記入する。

 単一の分類表を使用する場合

TR:長い夏休み / 八木橋敏夫著||ナガイ ナツヤスミ
CLS:NDC8:913.6
TR:保健医学用語の解説 / 荒島真一郎編著||ホケン イガク ヨウゴ ノ カイセツ
CLS:NDLC:FC14
CLS:NDLC:SC411

 複数の分類表を使用する場合

TR:海洋開発に関する条約、法令及び関連資料集 / 高林秀雄編著||カイヨウ カイハツ ニ...
CLS:NDC6:452
CLS:NDLC:A411
CLS:NDLC:A452
CLS:NDLC:A172
TR:移住地農家経済調査報告||イジュウチ ノウカ ケイザイ チョウサ ホウコク
CLS:NDC8:611.82
CLS:NDLC:DM283
CLS:NDLC:DC812
TR:マヤの三つの太陽 / M.A. アストゥリアス [著] ; 岸本静江訳||マヤ ノ ミッツ ノ タイヨウ
CLS:DC19:863
CLS:NDC8:964
CLS:NDLC:KR471

2.4.1E 〔フィールドの繰り返し〕

E1

 複数の分類表を使用して分類作業を行う場合は、CLSフィールドを分類表の数だけ繰り返す。
 それぞれのCLSフィールドには、各分類表における分類規程等に従って、分類記号を記入する。

E2

 個々の分類表を使用して分類作業を行う際、目録対象資料に付与すべき分類標目が複数ある場合は、CLSフィールドをその数だけ繰り返し、当該分類表における分類規程等に示される順に、それぞれの分類記号を記入する。

2.4.1F (選択事項)

F1

 分類作業を行うために使用する分類表は、分類表の種類コード表に収録された標準的分類表の範囲内で、各参加組織が自由に選択する。

F2

 記録する分類標目の数、形式等は、それぞれの分類表における分類規程等に従う限りにおいて、各参加組織が自由に選択する。

2.4.1G 《注意事項》

G1

 CLSフィールドには、分類表の種類コード表に収録された標準的分類表による分類標目のみを記録する。
 各参加組織独自の分類表等、分類表の種類コード表に収録されていない分類表を用いてデータ記入を行ってはならない。
 また、たとえ分類表の種類コード表に収録された分類表における分類規程等に従っていても、各参加組織における請求記号そのものを記入してはならない。

G2

 1つのCLSフィールドに複数の分類標目を記入してはならない。

G3

 コロンは、分類表の種類の直後に記入する。また、分類記号は、コロンの直後に記入する。
 コロンの前後にスペースを記入してはならない。


[ページの先頭]