目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]4.0 通則
[次ページ]4.0.2 書誌構造

4.0.1 固有のタイトル

 総合目録データベース(書誌)は、「固有のタイトル」、著者等によって書誌的に他と区別できるレコードで構成されている。
 したがって、目録対象資料の規定の情報源上の名称が「固有のタイトル」等に該当するものであるかどうかを判断する必要がある。

4.0.1A 〔新規作成時の判断〕

A1 「固有のタイトル」かどうかの判断

 目録対象資料に表示されている名称が「固有のタイトル」であるか「巻次等又は部編名」であるかは、「目録情報の基準第4版」(→ p.30-37)に従って個々の資料ごとに判断する。

A2 「固有のタイトル」の情報源

 「固有のタイトル」は、目録規則で定める「タイトルと責任表示に関する事項」の規定の情報源に表示されていなくてはならない。

A3 別個の著者等がある場合の判断

 目録対象資料に表示されている名称が「部編名」であると判断できるときでも、各巻ごとに別個の著者等がある場合は、当該「部編名」を「固有のタイトル」に準ずるものとして扱い、「部編名」ごとにそれぞれ書誌レコードを作成する。
 すなわち、「部編名」及び別個の著者等によって、書誌的に他と区別できる場合は、それぞれを書誌作成単位とする。

(正) (親書誌)
TR:Wissenschaftliche LUmlaut-anderkundens
PUB:Darmstadt : Wissenschaftliche Buchgesellschaft, [Abt. Verl.]
PHYS:v. ; 22cm
(子書誌)
TR:Grossbritannien / Helmut JUmlaut-ager
PUB:Darmstadt : Wissenschaftliche Buchgesellschaft, 1976
PHYS:ix, 328p., [23] leaves of plates : ill., maps, plans ; 22cm
PTBL:Wissenschaftliche LUmlaut-anderkunden <BA04978911> Bd. 11//a
TR:Italien / von Franz Tichy
PUB:Darmstadt : Wissenschaftliche Buchgesellschaft, c1985
PHYS:xxv, 640p. : ill., maps (some col.) ; 22cm
PTBL:Wissenschaftliche LUmlaut-anderkunden <BA04978911> Bd. 24//a
(誤)
VOL:Grossbritannien
VOL:Italien



TR:Wissenschaftliche LUmlaut-anderkunden
PUB:Darmstadt : Wissenschaftliche Buchgesellschaft
PHYS:v. ; 22cm
NOTE:

 なお、「部編名」の著者等については、次のように判断する。

ア) 同一の役割の著者等に相違がある場合
 その「部編名」の同一の役割の著者等が他の「部編名」のものとすべて異なる場合にのみ、「部編名」ごとに書誌レコードを作成する。著者等の一部が異なっていても、別個の著者等であるとはみなさず、別の書誌レコードを作成しない。
 したがって、著者等が記述された順序や、数が異なっていても、同一書誌として扱う。
 4以上の著者等があって、TRフィールドから省略されるものがある場合は、TRフィールドの記録にかかわらず、別個の著者等があるとはみなさない。
 すなわち、責任表示に「...[et al.]」と記述される場合など、TRフィールドの記録が互いに異なっていても、別個の著者等があるとは判断しない。

イ) 互いに役割の異なる著者等がある場合
 異なった役割の著者等が複数ある場合は、それぞれの役割表示の中で、その相違があるかどうかを判断する。例えば、原著者が同一で訳者がすべて異なる場合には、別々に書誌レコードを作成する。

4.0.1B 〔既存書誌がある場合の判断〕

 互いに関係する目録対象資料群のうちの幾つかの資料が既に登録されている場合は、これら既存の書誌レコードが構成する書誌構造を考慮して、新規に作成するか、出版物理単位追加のための修正を行うかの判断をする。

 原則として、既存書誌レコードの「固有のタイトル」の判断に明白な誤りがない限り、その判断をできるだけ尊重する。判断に明白な誤りがあると考えられる場合は、共有レコードの修正手順(→ 第21章)に基づいて修正しなければならない。

4.0.1C 《注意事項》

C1

 出版時にはなく、図書館における製本により付加された部分(製本タイトルページ、表紙、背等)は、情報源になり得ない。これらに表示されているタイトル等は、必要とする参加組織が、所蔵レコードに記録する。

C2

 既に登録されている資料の続編が刊行されたときに、既存の書誌レコードではタイトル関連情報として処理されていた部分を、続編の刊行によって「固有のタイトル」として扱わなくてはならない場合がある。
 また、既存の書誌レコードではタイトル関連情報として処理されていた部分を、続編の刊行によって親書誌レコードの本タイトルとして扱わなくてはならない場合もある。
 このようなときは、既存の書誌レコードの本タイトルを変更し、今まで本タイトルあるいはタイトル関連情報として扱われていた部分は、集合書誌単位のタイトルとして親書誌レコードを改めて作成し、書誌構造リンク形成を行わなければならない(→第21章)。

(続編刊行前)
VOL:
TR:Le langage de l'image a uMoyen Age : signification et symbolique / FranCedilla-cis Garnier
PUB:Paris : LAcute-eopard d'or , c1982
PHYS:263, [77] p. of plates : ill. ; 30cm
(続編刊行後)
(親書誌)
TR:Le langage de l'imageau Moyen Age / FranCedilla-cois Garnier
PUB:Paris : LAcute-eopard d'or
PHYS:v. ; 30cm
(子書誌)
TR:Signification et symbolique / FranCedilla-cois Garnier
PUB:Paris : LAcute-eopard d'or , c1982
PHYS:263, [77]p. of plates : ill. ; 30cm
PTBL:Le langage de l'image au Moyen Age <BA07720726> [1]//b
TR:Grammaire des gestes / FranCedilla-cois Garnier
PUB:Paris : LAcute-eopard d'or , [1989]
PHYS:423 p. : ill. (some col.) ; 30cm
PTBL:Le langage de l'image au Moyen Age <BA07720726> 2//b

 (続編の刊行によって、既存の書誌の本タイトルを親書誌の本タイトル、タイトル関連情報を子書誌の本タイトルとした例)


[ページの先頭]