目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]4.1.10 REPRO
[次ページ]4.1.12 ISBN

4.1.11 VOL

4.1.11 A 〔形式〕

形式

 *必ずISBNフィールド及びPRICEフィールドと一組にして繰り返す。

4.1.11 B 〔記述文法〕

記述文法

 *スペースが先頭に来る場合、先頭のスペースは省略される。

4.1.11C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 VOLフィールドには、出版物理単位の巻冊次及び説明語句をデータ要素として記録する。

4.1.11D 〔データ要素の情報源〕

D1 (巻冊次)

 原則として、TRフィールドの規定の情報源と同じとする。

D2 (説明語句)

 どこからでもよい。

4.1.11E 〔データ記入及び記入例〕

E1 (巻冊次)

 巻冊次には、出版物理単位として扱う個々の資料に付与された「巻次等」又は「部編名」を記録する。(→「目録情報の基準第4版」p.33-37)

VOL:Bd. 1
VOL:Bd. 2
VOL:A〜Ca
VOL:Cb〜D



VOL:Sa〜Z
VOL:Text
VOL:ErgUmlaut-anzungsheft
TR:Die Geschichte der synoptischen Tradition / Rudolf Bultmann
VOL:To 1334
VOL:1334-1615
VOL:1615-1867
TR:A history of Japan /George Sansom

E1.1

 巻次等の記述のうち、数字については、原則としてすべてアラビア数字に置き換える。ただし、それぞれ異なる字種等の数字の組み合わせによって構成されている場合は、この限りではない。

VOL:IV-2

E1.2

 地名等が各巻の部編的な意味を持つと判断される場合は、これを「部編名」として扱う。

E1.3

 複数の巻次等の組み合わせは、「巻次等」とみなす。

VOL:Ser. 1, no. 8

 複数の部編名の組み合わせは、「部編名」とみなす。

VOL:Asia. Singapore, 1871.1 thru 1931.1
VOL:Asia. Indonesia, 1930.1 thru 1930.5
VOL:Asia. Philippines, 1903.4 thru 1918.2
TR:International population census publications

E1.4

 巻次等が表示されていない出版物理単位については、必要に応じて巻次等を補記する。

VOL:[v. 1]
VOL:v. 2

E1.5

 VOLフィールドには、識別に必要な範囲で情報を記録し、それ以外の情報はNOTEフィールドに記録する。

E2(説明語句)

E2.1

 ここでいう「説明語句」は、ISBN及びNBNの説明語句を指す。
 価格に対する説明語句は、PRICEフィールドに記録する。

E2.2

 ISBNの説明語句として、装丁に関する表示等が記録される場合がある。

E2.3

 次のような場合は、それぞれのISBNの説明語句を記録する。

4.1.11F 〔フィールドの繰り返し〕

 出版物理単位に対応する巻冊次若しくはISBN又はNBNの説明語句が複数存在する場合は、その数だけVOLフィールドを繰り返す。
 また、VOLと一連となって使用されるISBNフィールド、PRICEフィールドのデータ要素が複数存在する場合は、VOLフィールド中に記録すべきデータ要素が存在しない場合でも、VOLフィールド自体は空白のまま繰り返す。

4.1.11G 《注意事項》

G1

 目録対象資料に巻冊次の他に配本回数の情報がある場合でも、巻冊次を優先する。

G2

 各巻の名称が「部編名」であると判断されるときでも、各巻に別個の著者等(責任表示)が存在する場合は、その「部編名」を「固有のタイトル」として扱い、別々に書誌レコードを作成しなくてはならない。(→ 4.0.1 固有のタイトル)

〔関連項目〕


[ページの先頭]