目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]4.1.16 NBN
[次ページ]4.1.18 GPON

4.1.17 LCCN

4.1.17 A 〔形式〕

LCCN 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
LCカード番号 必須2 可変長 16バイト* 1

 *データチェック(→ 付録 2.1)のため、実際は10桁。

4.1.17 B 〔記述文法〕

記述文法

4.1.17C 〔フィールド内容〕

 LCCNフィールドには、目録対象資料にかかわる米国議会図書館(Library of Congress : LC)の印刷カード番号をデータ要素として記録する。

4.1.17D 〔データ記入及び記入例〕

 LCCNフィールドには、目録対象資料にかかわるLCカード番号を記入する。

LCCN:85026709
TR:Application of radiation thermometry / J.C. Richmond and D.P. DeWitt,
  editors

4.1.17E 〔フィールドの繰り返し〕

 目録対象資料にかかわるLCカード番号が複数ある場合は、番号のうち最新のものを1つだけ選択して、当該番号を記入する。選択しなかった番号はOTHNフィールドに記録することができる。(→ 4.1.19 OTHN)

4.1.17F 《注意事項》

F1

 LCCNフィールドには、LCカード番号の数字以外のものを記入してはならない。

F2

 1つのLCCNフィールドに複数のLCカード番号を記入してはならない。

F3

 出版物理単位とLCカード番号とは、1対1で対応していなくてもよい。

F4

 ハイフンは、レコード登録コマンド発行後に正規化処理が行われ、削除される。また、正規化によって先頭2桁の直後に必要な数だけゼロ(0)が挿入される。(→ 付録 2.2 正規化処理)
 ハイフンの代わりにスペースその他の記号等を記入してはならない。

〔関連項目〕


[ページの先頭]