目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]4.3.2 AL
[次ページ]4.4 主題ブロック

4.3.3 UTL

4.3.3 A 〔形式〕

形式

1) 統一書名リンクを形成する場合 2)統一書名リンクを形成しない場合

 * ヨミは、統一タイトル標目形に日本語がある場合などに記録する。

4.3.3 B 〔記述文法〕

記述文法

記述文法

 ※ 統一タイトル標目形に日本語がある場合は、ヨミによる検索を可能とするためにヨミを記録する必要がある。この場合の記述文法については、和図書書誌レコードの記述文法を参照せよ。(→ 2.3.3 B)

4.3.3C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 UTLフィールドには、目録対象資料にかかわる統一タイトル標目に関する情報、すなわち、主記入フラグ、統一タイトル標目形、統一書名典拠レコードID、その他の情報をデータ要素として記録する。

4.3.3D 〔フィールドの作成〕

D1

 記述ブロック及びPTBLフィールドに記録した無著者名古典、聖典(及びその部編)については、原則として、当該著作に対応するUTLフィールドを作成する。

D2

 記述ブロックに記録した音楽作品(及び作品の部分)については、原則として、当該作品に対応するUTLフィールドをそれぞれ作成する。
 ただし、多くの内容作品を持つ合集については、集合タイトルのもとにUTLフィールドを作成することができる。

D3

 原タイトルや法律資料など、上記以外のものはこのフィールドには記録しない。(→「基準」9.2.1, 9.6.2)

4.3.3E 〔データ記入及び記入例〕

E1 統一書名リンクを形成する場合

E1.1 (主記入フラグ)

 当該フィールドに記録された統一タイトル標目形が基本記入の標目であることを示す場合は、アステリスク(*)を記入する。(→ 付録 1.7 主記入フラグコード表)

E1.2 (統一タイトル標目形、統一タイトル標目形のヨミ)

 リンク形成時に、リンク先統一書名典拠レコードHDNGフィールドの情報が自動的に記録される。

E1.3 (統一書名典拠レコードID)

 リンク形成時に、リンク先統一書名典拠レコードIDが自動的に記録される。

UTL:Gawain and the Grene Knight <EA0002039X>

E1.4 (その他の情報)

 当該著作の言語、版、刊行年等を記録することができる。

E2 統一書名リンクを形成しない場合

E2.1 (主記入フラグ)

 前記E1.1と同じ方法で記入する。

E2.2 (統一タイトル標目形)

 統一タイトル標目形については、フィールドの作成の根拠となった名称の標目形に基づいて記録する。(→ 14.2.1, 15.2.1 HDNG)
 統一タイトル標目形が日本名などの場合は、当該統一タイトル標目形の付記事項を除いた部分に対応するヨミを記録する。

E2.3 (統一書名典拠レコードID)

 記録しない。

E2.4 (その他の情報)

 前記E1.4と同じ方法で記録する。

4.3.3F 〔フィールドの繰り返し〕

 複数の統一タイトル標目を記録する場合は、各著作ごとにフィールドを繰り返す。

4.3.3G (選択事項)

G1

 主記入フラグを記録するかどうかは、各参加組織が選択する。

G2

 統一書名リンクは可能な限り形成する。ただし、既存の統一書名典拠レコードとの同定が困難な場合は、これを形成しない。

G3

 「その他の情報」に、当該著作の言語、版、刊行年等を記録するかどうかは、各参加組織が選択する。

4.3.3H 《注意事項》

 リンク先のデータ内容が修正され、UTLフィールドのデータ内容と一致しなくなった場合は、UTLフィールドのデータ内容が自動的に更新され、リンク先のデータ内容と一致した形に修正される。* このようにデータが自動的に更新される以前の段階で、書誌レコードを修正するためEDITコマンドを発行した場合は、SAVEコマンド発行時に強制リンクが行われる。
*1997年11月4日現在、修正後1分に自動更新される設定になっている。

〔関連項目〕


[ページの先頭]