目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]6.1.16 XISSN
[次ページ]6.1.18 CODEN

6.1.17 NDLPN

6.1.17 A 〔形式〕

NDLPN 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
NDL雑誌番号 選択 可変長 16バイト 1

6.1. 17 B 〔記述文法〕

記述文法

6.1.17C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 NDLPNフィールドには、目録対象資料にかかわる国立国会図書館(National Diet Library : NDL)のレコード識別番号をデータ要素として記録する。

6.1.17D 〔データ要素の情報源〕

 JAPAN/MARC(S)をはじめ、どこからでもよい。

6.1.17E 〔データ記入及び記入例〕

 NDLPNフィールドには、目録対象資料にかかわるNDL雑誌番号を記入する。

NDLPN:00077479

6.1.17F 〔フィールドの繰り返し〕

 同一書誌に複数のNDL雑誌番号が付与されている場合は、一番若い番号をNDLPNフィールドに記入する。NDLPNフィールドに記入しなかった方のNDL雑誌番号はNOTEフィールドに記入することができるが、これは選択事項である。

6.1.17G 《注意事項》

G1

 NDL雑誌番号が、従来のまま5桁になっているデータは、8桁に揃えることが望ましい。

G2

 NDL雑誌番号は「国立国会図書館所蔵国内逐次刊行物目録」や「国立国会図書館所蔵和雑誌目録」には下5桁のみが「ID」として表示されている。和文誌の場合の上3桁は「000」、欧文誌の場合の上3桁は「100」である。
 また、NDL雑誌番号の下7桁は、全国書誌番号の後半数値部7桁と等しく、残る上1桁は、和文誌の場合は「0」、欧文誌の場合は「1」である。

NDL雑誌番号 : 00037836
「国立国会図書館所蔵国内逐次刊行物目録」掲載ID : 37836
全国書誌番号 : JPS0037836

G3

 国立国会図書館の請求記号を、NDL雑誌番号として記入してはならない。

〔関連項目〕


[ページの先頭]