目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]8.0.2 日本名、日本名以外
[次ページ]8.1.2 MARCFLG

8.1.1 ID

8.1.1 A 〔形式〕

ID 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
レコードID 自動付与 固定長 10バイト 1

8.1.1B 〔フィールド内容とデータ要素〕

 IDフィールドには、目録システムがそれぞれのレコードに対して付与した英数字10桁から成るレコードIDがデータ要素として記録される。
 目録システムは、レコードIDによってそれぞれのレコードの管理を行う。

8.1.1C 〔データ記入及び表示例〕

 レコードIDの付与は、COPYコマンド又はCREATEコマンド発行の時点で行われる。当該コマンドが発行されると、目録システムは、新規に登録されるレコードに対して新たにレコードIDを付与し、新規入力画面/流用入力画面に当該レコードIDを表示する。
 レコードIDは、画面上では1バイトコードの不等号(<)と(>)の間に表示される。

<DA00089161>

 レコードIDは、目録システムが自動的に付与するものであり、目録担当者が入力することはできない。

〔関連項目〕


[ページの先頭]