目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]第53章 国立国会図書館「日本目録規則」適用細則
[次ページ]付録1.1 資料種別コード表

付録1 コード一覧

 ここでは、書誌レコード又は典拠レコードに記録するコード化情報(コード)の一覧を行う。

〔コードの記入〕

 それぞれのコードは、当該コードを収録しているコード表及び当該コード表を使用すべきフィールドに規定された事項に従って記入する。

〔コード表の改訂〕

 MARC頒布機関等のコードリスト等に準拠しているコード表の改訂は、当該コードリスト等の改訂に合わせて行われる。
 ただし、コード表の改訂には一定の時間を要するため、準拠しているコードリスト等の改訂内容は、即座には対応するコード表に反映されないことがある。
 また、目録システムの独自の運用方針により、準拠しているコードリスト等が改訂されても、対応するコード表が改訂されないことがある。逆に、準拠しているコードリスト等が改訂されなくても、対応するコード表が改訂されることがある。

 学術情報センターが独自に作成したコード表の改訂は、必要に応じ、随時行われる。

《注意事項》

 コード表に収録されていない文字・記号等を記入してはならない。

 コード表が改訂された場合は、改訂される以前のコード表を使用してはならない。

 コード表がMARC頒布機関等のコードリスト等に準拠している場合、当該コードリスト等は参考資料としてのみ使用する。コード表を無視して、当該コードリスト等を直接使用してはならない。


[ページの先頭]