目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]付録1.5 主題関係のコード表
[次ページ]付録1.7 その他のコード表

付録1.6 雑誌の出版等に関するコード表

 ここでは、雑誌の出版等にかかわる、次の4種類のコードの一覧を行う。

〔出版状況コード表〕

 以下では、コードのアルファベット順に出版状況コードを示す。

コード 出版状況
c 刊行中(currently published status)
d 廃刊(dead status)
u 出版状況不明(unknown status)

〔刊行頻度コード表〕

 以下では、逐次刊行物の刊行頻度順に刊行頻度コードを示す。

コード  刊行頻度 
日刊(daily) 
週3回刊 (three times a week) 
週2回刊 (semiweekly) 
週刊 (weekly) 
隔週刊 (biweekly) 
旬刊 (月3回刊) (threetimes a month) 
月2回刊 (semimonthly) 
月刊 (monthly) 
隔月刊 (bimonthly) 
季刊 (年4回刊) (quarterly) 
年3回刊 (three times a year) 
年2回刊 (semiannual) 
年刊 (annual) 
隔年刊 (biennial) 
h 3年1回刊 (triennial)
z その他の刊行頻度 (other frequencies) 
なし 不定期刊 (no determinable frequency) 
u 刊行頻度不明 (unknown)

〔定期性コード表〕

 以下では、刊行頻度の定期性の順に定期性コードを示す。

コード 定期性
r 定期 (regular)
n 規則的不定期 (normalized irregular)
x 完全に不定期 (completely irregular)
u 定期性不明 (unknown)

〔逐次刊行物のタイプコード表〕

 以下では、コードのアルファベット順に逐次刊行物のタイプコードを示す。

コード 逐次刊行物のタイプ
m モノグラフ・シリーズ (monographic series)
n 新聞 (newspaper)
p 定期刊行物 (periodical)
なし その他の逐次刊行物 (other type of serial)

《注意事項》

 以上の表に挙げたコード及び英語形は、「USMARC Format for bibliographic Data」に準拠している。

 出版状況コードの使用については、6.1.11PSTAT(和雑誌書誌レコード)を参照のこと。

 刊行頻度コードは、刊行間隔の定期性を考慮に入れないので、刊行頻度コード表に示された刊行頻度の内容に完全に合致しなくとも、一定期間内の刊行回数で判断して刊行頻度コードを付与する。

半年刊  →  f (年2回刊)
年4回刊  →  q (季刊)
年6回刊  →  b (隔月刊)
年12回刊 →  m (月刊)

 刊行頻度コード「z」(その他の刊行頻度)は、主に3年1回刊よりも刊行頻度が低いものに対して使用するものとする。
 3年1回刊よりも刊行頻度が高いものについては、最も近い刊行頻度を示す刊行頻度コードを付与する。

年5回刊          → q(季刊)
年7回刊 年8回刊      → b(隔月刊)
年9回刊 年10回刊年11回刊  → m(月刊)

 刊行頻度コード「なし」(不定期刊)は、意図的に刊行頻度が不定期刊であるものに対して使用するものとする。
 出版事情に起因する刊行頻度の一過性の変動があっても、不定期刊とはみなさず、本来意図されている刊行頻度を示すコードを記入する。

 刊行頻度コード「なし」に該当する場合は、FREQフィールドにはデータ記入を行わない。

 刊行頻度コード「なし」に該当する場合は、REGLフィールドには、コード「x」(完全に不定期)を記入する。

 刊行頻度コード「u」(刊行頻度不明)に該当する場合は、REGLフィールドには、コード「u」(定期性不明)を記入する。

 定期性コード「r」(定期)は、刊行の間隔や刊行日付、刊行曜日などが一定しているものに対して使用するものとする。

 定期性コード「n」(規則的不定期)は、刊行の間隔や刊行日付、刊行曜日などが完全には規則どおりではないが、この不定期性に一定の規則があり、予測可能であるものに対して使用する。

ほぼ月刊であるが、毎年7月号と8月号は刊行されないもの

ほぼ月刊であるが、毎年11月号と12月号が合併号として刊行されるもの

ほぼ隔月刊で刊行されるが、毎年7号として大会特集号が刊行されるもの

                                  など

 定期性コード「x」(完全に不定期)は、刊行頻度コード「なし」に該当する不定期刊のもののほか、一定の期間内に一定の回数だけ刊行する意図はあるが、刊行の間隔や刊行日付、刊行曜日などに規則性を持たせていないものに対して使用する(年12回刊など)。

 逐次刊行物のタイプコード「p」(定期刊行物)には、狭義の雑誌類が該当し、年刊の紀要類や、不定期刊雑誌などを含む。

 逐次刊行物のタイプコード「なし」(その他の逐次刊行物)には、年鑑、年報などが該当する。

 逐次刊行物のタイプコード「なし」に該当する場合は、TYPEフィールドにはデータ記入を行わない。


[ページの先頭]