目録システムコーディングマニュアル


[目次]
[前ページ]付録1.7 その他のコード表
[次ページ]付録2.2 正規化処理

付録2.1 データチェック

〔レコード登録コマンドとデータチェック〕

 レコード登録コマンドが発行されると、目録システムは、当該コマンドの発行画面(入力画面/修正画面)に記入されているデータを対象にして、データチェックを行う。

 データチェックは、6種類に分けられる。

〔データ長のチェック〕

 データ長のチェックは、すべてのフィールド(及びデータ要素)において行われる。

 固定長フィールドにおいては、データ長がフィールド長と一致しない場合、当該データは不正である。

 可変長フィールドにおいては、データ長がフィールド長を越えている場合、当該データは不正である。

〔フィールドの繰り返し数のチェック〕

 フィールドの繰り返し数のチェックは、すべてのフィールドについて行われる。

 すべてのフィールドにおいて、当該フィールドの数がフィールドの繰り返し数を越えている場合、当該フィールドに記入されているデータは不正である。

〔コード表によるデータチェック〕

 コード表によるデータチェックは、コード表(→ 付録 1.1付録1.7)を使用してデータ記入を行うべきフィールド(及びデータ要素)において行われる。
 当該フィールド(及びデータ要素)においては、使用すべきコード表に記載されていないデータが記入されている場合、当該データは不正である。

〔チェックディジットによるデータチェック〕

 チェックディジットによるデータチェックは、次のフィールド(データ要素)において行われる。

(1) ID及びBHNT(前後誌レコードID)

 IDフィールド及びBHNTフィールド(前後誌レコードID)においては、データチェックは次の要領で行われる。

(2) ISBN

 ISBNフィールドにおいては、データチェックは次の要領で行われる。

(3) ISSN

 ISSNフィールドにおいては、データチェックは次の要領で行われる。

(4) CODEN

 CODENフィールドにおいては、データチェックは次の要領で行われる。

 チェックディジットのない5桁のCODENについては、データチェックを行わない。

〔重複チェック〕

 重複チェックは、次のフィールド(データ要素)において行われる。

(1) HDNG

 HDNGフィールドにおいては、重複チェックは次の要領で行われる。

(2) LOC

 LOCフィールドにおいては、重複チェックは次の要領で行われる。

〔必須1のフィールドに対する存在チェック〕

 必須1のフィールドについては、データが記入されているかどうかのチェックを行う。
 必須1のフィールドは、次のとおりである。

〔エラーメッセージ〕

 データの不正を発見した場合、システムは、レコード登録コマンドの実行を保留し、不正の種類に応じて、次のエラーメッセージのうちの1つを表示する。

 これらのエラーメッセージが表示された場合は、該当するフィールド(データ要素)に記入したデータを修正する必要がある。

《注意事項》

 データチェックは、その種類ごとに順番に行われる。
 即ち、目録システムは、最初のデータチェックによって不正なデータを発見した場合、即座に、対応するエラーメッセージを表示する。 当該不正データの修正が完了すると、目録システムは、次のデータチェックを実行する。
 このため、エラーメッセージに従って該当するフィールド(データ要素)に記入したデータを修正しても、別のエラーメッセージが表示されることがある。

 データ長のチェックにおいては、一部のフィールド(データ要素)について、該当する項目に示されている値よりも厳しい条件が適用されることがある。(→ 2.1.1 〜 17.3.1の〔形式〕)

 「TAP3325E」のエラーメッセージ中で、画面項目名として「UNKNOWN」が表示される場合がある。この「UNKNOWN」は、追加されたフィールドに不正な画面項目名が記入されていることを示している。
 当該メッセージが表示された場合は、「フィールド拡張」のつもりで「フィールド追加」を行っている可能性が高い。誤って「フィールド追加」を行ったときは、拡張するはずだったフィールドを正しく拡張して、データ記入をやり直す。誤って追加したフィールドについては、「フィールド削除」を行うか、又は当該フィールドに記入したデータをすべて削除する必要がある。

 重複チェックにおけるエラーメッセージは、チェック対象データ同士が完全に一致している場合にのみ表示される。
 チェック対象データ同士がほんの一部分でも相違する場合は、エラーメッセージは表示されない。
 例えば、HDNGフィールド中のデータにおいて読点(、)とコンマ(, )のみが違う場合は、エラーメッセージは表示されない。また、データ中(データの先頭、及び末尾を除く)にスペースが存在するかどうかの違いだけでは、エラーメッセージは表示されない。

 HDNGフィールド中に「||」が存在する場合、「||」以降のデータは、一切、チェック対象とはならない。したがって、当該データの有無及び違いによってエラーメッセージが表示されることはない。


[ページの先頭]