学術雑誌総合目録欧文編データ作成マニュアル


1. はじめに

   1.1 学術雑誌総合目録とは
   1.2 目的
   1.3 データ作成方針
   1.4 日程
   1.5 作業内容
   1.6 国立情報学研究所からの送付資料
   1.7 作業方法
   1.8 データ提出

2. 作業手順の概要

   2.1 オンライン館の場合
   2.2 WebUIP館の場合
   2.3 データシート館の場合
   2.4 作業を行う上での基本的な注意点 (共通)

3. データ作成作業の概要

   3.1 オンライン館
   3.2 WebUIP館
   3.3 データシート館
   3.4 変遷報告作業

4. 所蔵データ記入解説

   4.1 所蔵年次データ(HLYR)
   4.2 所蔵巻次データ(HLV)
   4.3 受入継続予定
   4.4 複数の巻次表示方式
   4.5 巻次変更

5. 書誌データ記入解説

   5.1 通則
   5.2 各項目の記入方法
     5.2.1 一般資料種別 (GMD)
     5.2.2 特定資料種別 (SMD)
     5.2.3 本タイトルの言語コード(TTLL)
     5.2.4 本文の言語コード(TXTL)
     5.2.5 ISSN (ISSN)
     5.2.6 無効/取消しISSN (XISSN)
     5.2.7 CODEN (CODEN)
     5.2.8 その他のコード
     5.2.9 タイトル及び責任表示に関する事項 (TR)
     5.2.10 版に関する事項 (ED)
     5.2.11 巻次・年月次 (VLYR)
     5.2.12 出版事項 (PUB)
     5.2.13 その他のタイトル (VT)
     5.2.14 一般注記 (NOTE)
   5.3 書誌修正の方法

6. 磁気テープによる所蔵データ提出

   6.1 磁気テープの仕様
   6.2 Bフォーマット
   6.3 所蔵データの作成
   6.4 作成上の留意点
   6.5 所蔵データの提出例

付録

   付録A その他のタイトル
   付録B コード表
   付録C US MARC流用入力
   付録D データ記述文法


   索引

ページの先頭||目録担当者のページ||NIIホームページ