オンライン・システム・ニュースレター No.14 (1988.04.30)


(p.110) 表II-3 雑誌書誌レコードデータ項目一覧(続き)


┌─┬──────────────────┬─────┬────────────────────────┐
│ │    項    目        │ データ │                        │
│ ├────┬─────┬───────┤     │    内 容 及 び 記 述 規 則     │
│ │項目名 │画面項目名│データ要素  │入力レベル│                        │
├─┼────┼─────┼───────┼─────┼────────────────────────┤
│ │書誌構造│ PTBL  │       │  ー  │                        │
│ │リンク │     │       │     │                        │
│リ├────┼─────┼───────┼─────┼────────────────────────┤
│ │著者名 │ AL   │著者名リンク │ OD   │全ての標目とすべき著者名に対し、著者名典拠レコー│
│ン│リンク │     │       │     │ドとのリンクを行う。また、目録規則上の標目を構成│
│ │    │     │┌──────┼────┐│する統一著者名情報を記録する。そのうち副次的な要│
│ク│    │     ││主記入   │ OD  ││素である会議名の回次、開催地、開催年は、目録規則│
│ │    │     ││フラグ   │    ││が指示する形で「その他の情報」に入力する。   │
│ブ│    │     │├──────┼────┤│ さらに、基本記入の指示を行う。このための主記入│
│ │    │     ││著者名標目形│ ー  ││フラグは'*'であり、1つの書誌レコードで1つ指示す │
│ロ│    │     ││のHDNG情報 │    ││る。                      │
│ │    │     │├──────┼────┤│ 著者名典拠レコードIDが設定され、リンクづけが完│
│ッ│    │     ││著者名典拠 │ ー  ││了すれば、システムは自動的に著者名典拠レコードの│
│ │    │     ││レコードID │    ││HDNG情報を表示する。              │
│ク│    │     │├──────┼────┤│ 著者名毎にこのフィールドを作成する。     │
│ │    │     ││その他の情報│ MA  ││                        │
│ ├────┼─────┼┴──────┼────┴┼────────────────────────┤
│ │統一誌名│ UT   │       │  ー  │                        │
├─┼────┼─────┼───────┼─────┼────────────────────────┤
│そ│非転写フ│ REM   │       │  ー  │ 参照MARCの非変換フィールド、参照MARCのデータ │
│の│ィールド│     │       │     │(タグ、サブフィールド)をそのままの形で表示する │
│他│    │     │       │     │(参照ファイルのみ)               │
└─┴────┴─────┴───────┴─────┴────────────────────────┘
本文に戻る