オンライン・システム・ニュースレター No.14 (1988.04.30)





7. 雑誌所蔵ファイル

7.1 所蔵ファイルの構成

 総合目録データベースに所蔵ファイルを作成する。
 所蔵ファイルは、書誌ファイル、典拠ファイルが共有ファイルであるのと異なり、参加組織・配置コード等各館に固有のデータを収録するファイルである。図書館間相互貸借の際には、所蔵巻年次、受け入れ状況等が他の 図書館等から参照されることがある。

7.2 所蔵レコード

 目録登録の際には、必ず所蔵レコードを作成する。
 同一書誌レコード・同一参加組織・同一配置コードに対して、二つ以上の所蔵レコードを登録することはできない。

7.3 所蔵レコードの構成と記述規則

 所蔵レコードの各データ項目とデータ入力レベル、その内容、記述規則等を表II-4に示す。
 同一配置コード内の重複所蔵をひょうげんしたい時は、図書館定義フィールドに内部配置場所、所蔵巻年次を入力する等の工夫をすることができる。

本文に戻る