オンライン・システム・ニュースレター No.17 (1989.03.01)


LC番号等が複数ある場合の繰り返し入力について


 LC番号は、入力記述文法では繰り返し可能項目となっています(マニュアルデータベース編p55)が、現行システムではLC番号について、洋図書データベースでは繰り返 しができないフィールドになっているという不具合があります。そのため、複数のLC番号があるデータを入力する際、どれか1つを選ばなければなりませんでした。
 この不具合を解消するためには、データベースのフィールド定義を変更するという根本的な改良を加える必要があり、それには、全データを再度収納し直すという作業が伴います。
 さらにそのためには、サービスを休止しなければならない等影響が大きすぎますので、当面LC番号の繰り返しについては次のような方法で運用することといたします。この方法は図 書データベースにおけるISSNについても同様に適用します。


  1. 複数あるLC番号またはISSNの2番目からは、「その他の番号」フィールドを使用する。
  2. 入力の方法
    <LC番号の場合>
      OTHN:LCCN:LC番号8桁
        LC番号が8桁に満たない場合は、2桁目と3桁目の間に0(ゼロ)
       を埋める。
       (例) LC番号 87-561の時
            → OTHN:LCCN:87000561
    <ISSNの場合>
      OTHN:ISSN:ISSN8桁
        ISSNの中間にあるハイフンは、トルツメした形で入力する。
       (例)ISSN 0915-3039の時
            → OTHN:ISSN:09153039
    

 なお、これらの不具合については、現在検討中であり、サービスに影響を与えない方法で対策することを計画しています。