オンライン・システム・ニュースレター No.19 (1989.07.28)


総合目録データベースの磁気テープサービスについて


 現在当センターでは、総合目録データベースに入力された書誌・所蔵・典拠の各データ を、磁気テープで各参加機関に還元するサービスを実施しております。このサービスには次のものがあります。


  1. 各参加組織の所蔵に関わる全データを抽出して磁気テープ化するサービス(個別版サービスといいます)
     これには、対象とするデータベースによって次の種類があります。
      ・学術雑誌総合目録和文編
      ・学術雑誌総合目録欧文編
      ・総合目録和図書編
      ・総合目録洋図書編


  2. 各参加組織の、ある一定期間の入力に関わるデータを抽出して磁気テープ化するサービス(定期版サービスといいます)
     総合目録(図書・雑誌)について、週1回・月1回のいずれかの頻度を選択することができます。

 申請にあたっては、次の「総合目録個別版提供申請書」を用いて事業部システム管理課システム業務係宛て申し込んでください。


            総合目録個別版提供申請書


  学術情報センター所長殿                   平成  年  月  日

                          利用代表者           印

 ┌──────┬───┬────────────┬─────────┬───────┐
 │      │名 称│            │ 参加組織コード │FA      │
 │利 用 者 ├───┼────────────┤(4つ以上ある   ├───────┤
 │      │   │            │場合は、別紙に  │FA      │
 │      │所在地│            │ 記入のこと。)  ├───────┤
 │      │   │            │         │FA      │
 ├──────┼───┼────┬───┬───┴────┬────┼───────┤
 │連絡担当者 │職 名│    │氏 名│        │TEL   │       │
 ├──────┼───┴────┴───┴────────┴────┴───────┤
 │利用目的  │                                  │
 ├──────┼────────────────┬─────────────────┤
 │      │□ 学術雑誌総合目録和文編   │磁気テープ   □ 1600 BPI   │
 │      ├────────────────┤                 │
 │      │□ 学術雑誌総合目録欧文編   │記録密度    □ 6250 BPI   │
 │      ├────────────────┼─────────────────┤
 │      │□ 総合目録個別版和図書編 *  │        □ 書誌ルート † │
 │申請区分  ├────────────────┤出力ルート            │
 │      │□ 総合目録個別版洋図書編 *  │        □ 所蔵ルート ‡ │
 │(* はセン ├────────────────┼─────────────────┤
 │ター接続館 │□ 定期版サービス(週 1回) *  │備考               │
 │に限る)   │                │                 │
 │      │□ 定期版サービス(月 1回) *  │                 │
 ├──┬───┴┬──────────────┬┴───┬─────────────┤
 │セ │受付日 │ 平成  年  月  日  │受付番号│             │
 │ン記├────┼──────────────┼────┼─────────────┤
 │タ入│作成日 │ 平成  年  月  日  │担当者 │             │
 │|欄├────┼──────────────┼────┼─────────────┤
 │  │発送日 │ 平成  年  月  日  │備考  │             │
 └──┴────┴──────────────┴────┴─────────────┘
  † 書誌データの下に所蔵 データが一括して付く、冊子目録とほぼ同様の出力形態。
  ‡ 各資料の所蔵データを単位とし、その 1件ごとに書誌データが付随する出力形態。

上記の申請書について、下記の条件を付して承認します。  
                             平成  年  月  日
                                学術情報センター所長

                     記

 1. 個別版ファイルの利用については無償とする。ただし、個別版ファイルの引き渡しに
  要する費用については、利用者において負担すること。
 2. 個別版ファイルは、善良な管理者の注意をもって管理し、その効率的使用に努めなけ
  ればならない。
 3. 個別版ファイルは、転貸または担保に供してはならない。
 4. 個別版ファイルは、申請した利用目的以外の目的のために使用してはならない。
 5. 個別版ファイルを利用して作成した印刷物(目録等)、研究成果の報告書等は、その
   1部を完成後速やかに学術情報センター所長へ提出すること。