オンライン・システム・ニュースレター No.21 (1989.12.08)


目録システムに関する最近の質問書から


(1) 親書誌レコードの調整について


Q:
 NATOASIseriesの親書誌レコードが様々な形で入力されており、実作業上で、非常に混乱してしまう。早急に調整してもらいたい。
A:
 NATOASIseriesについては、御指摘のとおり、大まかに分けて2種類の形式の異なるレコードが作成されています。
  •  SeriesA:Lifesciences等を中位の書誌単位としてPTBLフィールドに記述(親書誌レコードは出版者毎に作成)
  •  NATOASIseriesを共通書名、SeriesA〜等を従属書名(部編名)として扱い、部編毎に親書誌レコードを作成
 本件については、終期を予定しないサブシリーズは従属書名か中位の書誌単位か、固有の標題と規定の情報源の関係等、より一般的な問題の中で解決を図るべく、次回の総 合目録小委員会(平成2年2月6日予定)で検討を行うことにしています。それまでの間は、各参加組織の従前の方針によって書誌構造リンクを形成してくださるようお願い いたします。

(2) 著者名典拠レコードにおける付記事項について


Q:
 外国人著者名典拠レコードの統一標目形において、イニシャル形に完全形を付記している例があるが、イニシャル形か完全形のどちらかに統一すべきではないか。
A:
 AACR2に従って作成すべき著者標目及び著者名典拠レコードの統一標目形における付記事項のうち、イニシャル形に対する付記については、同規則日本語版の22.1 6(1988年の改訂版では22.18)が対応する条項となります。この中で示されている「イニシャル形で表示されており、完全につづった形がわかっているとき」に該 当しますので、完全形を丸がっこに入れて付記します。
 なお、規則では「他の方法では区別できない同一名を区別するために必要な場合に」付記するとし、その任意規定としてそうでない場合でも付記してよい、とされています が、LC適用細則において「情報が容易に利用できるときは適用」するとなっていますので、判明する範囲で付記するようにして下さい。

(3) VOLフィールドの記述方法について


Q:
VOLフィールドに関する、オンライン・システムニュースレターNo19(p5)と同No20(p10)の記述が矛盾しているのではないか。
A:
 No20の「VOLフィールドにおける巻次の補記について」という質問に関する回答に説明が十分でない部分がありました。ここで補足説明をします。
 質問は、対象資料に番号付けの巻次がない場合にVOLフィールドに数字を補記する例についてでした。回答は、対象資料に番号付けの巻次がない場合には、出版物理単位 を区別できる範囲でVOLフィールドに情報を記述しなければならない、というものです。前号の例は適当な例とはいえませんでしたので、以下に別例を示します。
[誤]
┌────────────────────────────┐
│  VOL: [1]                      │
│  VOL: [2]                      │
│   ・                        │
│   ・                        │
│  VOL: [6]                      │
│  TR:............                   │
│  NOTE: [1] 北海道・札幌編              │
│  NOTE: [2] 東北・仙台編               │
│     ・                      │
│     ・                      │
│  NOTE: [6] 九州・福岡編               │
└────────────────────────────┘
              ↓
[正]
┌────────────────────────────┐
│  VOL:北海道・札幌編                 │
│  VOL:東北・仙台編                  │
│   ・                        │
│   ・                        │
│  VOL:九州・福岡編                  │
│  TR:............                   │
└────────────────────────────┘
 上の例のように、番号付けの巻次がない場合に恣意的に番号を付与してVOLフィー ルドに記入することは誤りです。情報源上にあるとおりを、出版物理単位を区別できる 範囲で記述します。