オンライン・システム・ニュースレター No.22 (1990.01.29)


「データベース編」の改訂


 「目録システム利用マニュアル:データベース編」については、昭和61年3月の初版1刷以来、2回の増刷を行い、昭和62年12月の第3刷では、「目録情報の基準」改訂条項を組み込んだ形で刊行しています。また、「基準」(雑誌関連分)については、総合目録委員会で承認後に、ニュースレターNo.14に掲載する等の対応をしてきました。
 しかし、目録担当者からは、「基準」の記述は解釈の余地があるために実際の目録登録作業が円滑に行えない、「基準」が「データベース編」「ニュースレター」に分散しているため参照が困難である、等の声が上がっており、また、「コーディングマニュアル」の刊行に伴い、「基準」中の目録規則的部分と適用細則的部分の峻別等も必要となっているのが現状です。
 そこで、「目録情報の基準」の部分的見直しをも含めて、現在、「データベース編」の改訂準備作業を行っています。改訂については、センターが原案を作成し、総合目録小委員会での検討を経たのち、総合目録委員会において承認を受けるという手順をとるため、なお暫くの時間が必要ですが、来年度早々の刊行が可能な見込みです。
 なお、接続館の皆様からは、現行の「データベース編」3刷を余分に入手したいとの要望が寄せられていますが、現在、残部がほとんどありませんので、新版刊行までは、既存分の複写を行うなどして間に合わせて下さるようお願いいたします。