オンライン・システム・ニュースレター No.23 (1990.03.31)


総合目録委員会・小委員会での審議事項の報告


 ニュースレターNo.21で報告した以降に開催された総合目録委員会及び総合目録小委員会において審議された事項を報告します。
 なお、各委員会における決定事項のうち、オンライン目録システムに関わる事項については別途、実施方法等をお知らせしています。

〔総合目録委員会(第2回)〕平成2年3月22日(木)13:00〜15:00開催審議事項


  1. 「目録情報の基準」の整備について
     今年度開催された4回の小委員会での審議結果の報告があり、その結論を反映した「目録情報の基準」(第2版)(案)が提案され、検討の結果、原案どおり承認された。


  2. 総合目録データベースにおける音楽資料の取り扱いについて
     非図書資料の取り扱いの検討の一環として、小委員会で今年度検討を行った音楽資料の取り扱いについて、審議結果の報告があった後、ア) 入力対象ファイルの選択、イ) 音楽作品の統一書名典拠ファイル内での扱い等についての原案が提 起された。それに対し、運用に関しての若干の質問があった後、原案どおり承認された。

[総合目録小委員会(第3回)]平成2年2月6日(火)13:00〜17:00開催審議事項


  1. 「〜できる」の扱いについて
     「和洋の区分」「固有の標題でないもの」の部分で使用されている「〜できる」という表現の解釈上の指針について、原案をもとに検討を行った。


  2. 「目録情報の基準」の整備について
     用語の統一、「解説」の発展的解消等について協議した。また、「特殊な版表示」の取り扱いについて原案が承認された。


  3. 総合目録データベースにおける音楽資料の取り扱いについて
     ファイル区分、統一タイトル、資料種別、プレート番号等について個々に審議を行った。


  4. 親書誌レコードの作成単位、及び規定の情報源について
     親書誌レコードの作成単位及び規定の情報源についての規定を明確にすることを目的とし、センター作成原案をもとに検討を行った。

〔総合目録小委員会(第4回)〕平成2年3月15日(木)10:00〜17:00開催審議事項


  1. データ項目名の変更について
     「目録情報の基準」のデータ項目一覧で規定しているデータ項目の名称の整備について検討を行い、原案が承認された。


  2. 資料種別コードについて
     非図書資料を含め、未定義であった資料種別コードについてセンター案に基づき検討を行い、原案が承認された。


  3. 「固有の標題でないもの」の扱いについて
     前回の「「〜できる」の扱い」の継続審議。今回は「固有の標題でないもの」の表の改訂を含めた原案を検討し、若干の修正の後、承認された。


  4. 親書誌レコードの作成単位、及び規定の情報源について
     前回の検討結果を踏まえた第二次案の検討を行い、若干の修正の後、承認された。


  5. 総合目録データベースにおける音楽資料の取り扱いについて
     前回の検討結果を踏まえた「音楽資料の取り扱いについて(案)」の検討を行い、原案が承認された。


  6. 「目録情報の基準」の整備について
     前回までの検討結果を反映した「目録情報の基準」(第2版)(案)の検討を行い、原案どおり承認された。