オンライン・システム・ニュースレター No.27 (1991.01.21)


平成2年度目録システムの機能向上予定項目


 当センターでは、今年度の目録システムの機能向上として、以下の事項を実施する予定です。

  1. 画面表示項目の追加
    • 書誌・著者名典拠・統一書名典拠の詳細表示画面に、レコード作成日付・レコード更新日付を、それぞれ`CRTDT:'、`RNWDT:'という項目見出しを付けて表示します。
    • 図書所蔵簡略表示画面で、参加組織名略称、配置コードの後にワン・スペースを置いて、図書所蔵IDを`< >'で囲んで表示します。

  2. 図書所蔵簡略表示画面での、出版者表示の追加
  3.  親書誌等の書誌同定を容易にするため、現在の書誌簡略表示に出版者名を付け加えます。出版者名の表示は15バイト表示し、これを越える部分はスリー・ドット(...)で表します。

  4. OTHNフィールドの検索キー正規化仕様の変更

     現行では、OTHNフィールドに`( '、` )'が存在するような場合、Search コマンドによる検索ができないので、これをトルツメ処理するよう仕様変更します。その結果、次の7種類がOTHNフィールドの検索キーのトルツメ処理の対象となります。
     ┏━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃現行でのトルツメ対象文字 ┃   -   ┃ハイフン         ┃
     ┃             ┃   /   ┃スラッシュ        ┃
     ┃             ┃  △   ┃スぺース         ┃
     ┃             ┃ (STRN)  ┃             ┃
     ┃             ┃ (XSTRN)  ┃             ┃
     ┣━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┫
     ┃追加予定のトルツメ対象文字┃   (   ┃始め丸括弧        ┃
     ┃             ┃   )   ┃終わり丸括弧       ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┛
    

  5. LC/MARC(Music、Map、Visual material)の新規導入
  6.  洋図書目録データベースの参照ファイルとしてLC/MARC(Music、Maps、Visual materials )の3つのMARCを1つの参照ファイルに収めて提供します。

  7. 統一書名典拠参照ファイルの拡充・整備
  8.  オンライン・システムニュースレターのNo.25 でお知らせしましたように、音楽作品名についても、統一書名標目、統一書名典拠レコードを作成し、リンク形成を行えることになりました。これに伴い、参照ファイルからの流用入力に対応できるようにするため、統一書名典拠参照ファイルを拡充・整備します。

  9. ファイルの自動検索機能の変更
  10.  前述4の新規参照ファイルの追加に伴って、洋図書検索における検索対象ファイル間の優先順位を、NC→LC(Books)→GPO→LC(Music、Maps、Visual materials)→ UKの順とします。

  11. 雑誌業務におけるLookup Bibliographyの機能強化
  12.  雑誌業務においてLookup Bibliographyコマンドは、選択した業務の書誌ファイル内しか検索できませんでしたが、和・洋両雑誌ファイルを一挙に検索できるように機能強化します。

 運用実施日は12月21日を予定していますが、正式な実施日については改めてニュース画面でお知らせします。