オンライン・システム・ニュースレター No.27 (1991.01.21)


目録システムに関する最近の質問書から


1) 別個の著者をもつ各巻次の書誌作成単位

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「固有の標題」をもたない各巻に別個の著者があるとき、以下の例のようにそれぞれ┃
┃の巻を別書誌にしているものがある。このようなことは許されるのか。      ┃
┃                                      ┃
┃(例)┌───────────────┐┌───────────────┐  ┃
┃  │<1>              ││<2>              │  ┃
┃  │VOL: 第 1巻         ││VOL: 第 2巻         │  ┃
┃  │TR: (標題)/(第1巻の著者)   ││TR: (標題)/(第2巻の著者)   │  ┃
┃  └───────────────┘└───────────────┘  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 上記の例のように、各巻ごとに書誌レコードを作成することは認められません。「固有の標題でないもの」のうち、巻次等で分割されるものは、各巻別個の著者があっても1書誌レコードとします。(記述の方法については次項参照)

 (例1)  ┌───────────────┐
     │<1>              │
     │VOL: 第 1巻         │
     │VOL: 第 2巻         │
     │TR: (標題)/(第1巻の著者)   │
     └───────────────┘

 一方、「固有の標題でないもの」のうち、部編名に該当する名称に別個の著者があれば、その名称をTRとする子書誌を作成します。(目録情報の基準 p.30)

 (例2)  ┌────────────┐┌────────────┐
     │<1>           ││<2>           │
     │TR: フランス/著者A   ││TR: イギリス/著者B   │
     │PTBL: (親書誌標題) <3> ││PTBL: (親書誌標題) <3> │
     └────────────┘└────────────┘

2) 書誌単位にならない複数の出版物理単位からなる資料の記述

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 複数の出版物理単位からなる資料が1書誌レコードで表されるとき、巻次(あるい ┃
┃は部編)によって異なる情報はどのように記述したらよいか。           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 記述は原則として初巻によるものとします。初巻が手元にないときは、入手できたもののうち最初の巻に拠ります(集合書誌単位の場合と同様です)。初巻に拠らない場合は、必要があれば記述の根拠とした巻次(あるいは部編、以下同様)を注記します。

  (例1) NOTE: 記述は第3巻による
  (例2) NOTE: Discription based on v. 20 pt. 4

 この際、記述の根拠となった巻次と異なる情報はNOTEフィールドに記録します。記述の根拠となった巻と他の巻の表示を合成してTRフィールド、PUBフィールド等を記述すると、書誌を同定する際問題が生じるので、行わないでください。

 (例3) 巻次によって著者が異なる場合
  ┌───────────────────────────┐
  │VOL: 第1巻                      │
  │VOL: 第2巻                      │
  │VOL: 第3巻                      │
  │TR: (標題)/ (初巻に表示されている著者)        │
  │     …                     │
  │NOTE: 第2巻の著者:(第2巻に表示されている著者)     │
  │NOTE: 第3巻の著者:(第3巻に表示されている著者)     │
  └───────────────────────────┘
    次のようにはしない
  ┌───────────────────────────┐
  │TR: (標題)/ (初巻に表示されている著者),(第2巻に表   │
  │  示されている著者),(第3巻に表示されている著者)   │
  └───────────────────────────┘

3) 図書館製本された出版資料の書誌レコード

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 自館で製本した資料を登録するとき、書誌レコードの作成単位はどのようになるの┃
┃か。参加組織によっては、出版時の製本単位と違う単位で書誌を作成している場合が┃
┃見受けられるが...                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 原則として以下の指針に拠ってください。

 a) 書誌レコード作成単位
 出版された資料を図書館で製本したものは、出版時の物理単位に分けたうえで書誌作成単位を判断します。すなわち、製本されていないものと見做して書誌作成単位を決定します。既存書誌レコードと目録対象資料を比較する場合も同様です。
 図書館製本の単位は参加組織それぞれ異なることがあるので、製本された単位のままで書誌作成単位を判断しないようにしてください。

b) 記述の情報源
 出版時にはなく、図書館での製本により付け加えられた部分は情報源にしません。製本時に付けられた標題紙・表紙・背にあるタイトル、責任表示、出版者等は採用しません。出版時から元々ある部分のみが情報源になります。