オンライン・システム・ニュースレター No.28 (1991.03.15)


学術雑誌総合目録和文編全国調査の進捗状況


  1. 全国調査編集作業の進捗状況

     この度、「所蔵更新リスト」「所蔵追加用データシート(白色)」により提出された所蔵データのロード作業が完了しました。これにより、上記方法で提出された所蔵データについては、オンラインによる修正・削除ができるようになりました。
     ただし、「書誌・所蔵追加用データシート(水色)」、「書誌修正用データシート(桃色)」「変遷注記用データシート(黄色)」については現在入力中ですので、「書誌・所蔵追加用データシート(水色)」の所蔵データについては、作業完了の案内があるまで新規作成等を行わないようご注意ください。

  2. 今後の全国調査の日程

     ニュースレターNo20 p.2において、データ編集は(〜平成3年3月)、確認調査は(平成3年4月〜)とお知らせしましたが、なおしばらくデータ編集に日数がかかる予定です。確認調査の実施時期については、データ編集が終了次第、ニュースレター、ニュース画面で報告しますので、ご協力よろしくお願い致します。

  3. 雑誌書誌情報源の送付について

     ニュースレターNo22 p.3、No24 p.4においても触れていますが、雑誌書誌レコードの作成または修正を行った場合や変遷関係のリンク形成が必要な場合には、必ず入力画面のハードコピーや変遷注記用データシート (ニュースレターNo12 p.32や学術雑誌総合目録全国調査用のデータシートをコピーしたもので結構です) を添えて、情報源となった箇所のコピーをお送りください。
     継続して刊行される資料の性格上、雑誌書誌レコードは新規作成後もたびたび修正を施してゆく必要がでてきます。しかし、頻繁に行われる修正によって、極端な場合、かえって書誌の同定が困難になるばかりか、他の書誌との関係や、その書誌にリンクされている所蔵レコードとの整合性が損なわれる危険もあります。そこで所蔵レコードや、単なる誤字・脱字、特に情報源の指定のないコード・ブロックのフィールドのデータの修正については、情報源を送付していただく必要はありませんが、記述ブロックのフィールドのデータ修正を行った場合には必ずお送りください。
     また、書誌を作成した場合は、全くの新規作成の場合に限らず、参照ファイルのレコードを流用した場合でも情報源コピーをお送りください。参照ファイルは作業負担軽減のために補助的に用意されているものであり、総合目録データベースの書誌レコードはあくまで参加各館で所蔵されている資料現物に基づいて作成されるものである、ということをいつも念頭に置いてください。
     なお、センターでは現在、学術雑誌総合目録全国調査時のものをはじめ、お送りいただいた和洋雑誌の情報源コピーを光ディスクに保存し、参加館からの問い合わせに即時に対応できる体制を構築中です。