オンライン・システム・ニュースレター No.29 (1991.06.10)


ILLシステム対応上の留意点と別添資料の一覧


(1) ILLシステム対応上の留意点(一括ダウンロード、一括プリント機能)

 ILLシステムでは、大量受付館での円滑な受付業務の実現が、システム全体の成否に大きな影響を与えるものと考えられる。大量受付館においては、複写作業用の帳票を一括に出力する機能が要求されるが、現在の多くのUIP仕様では詳細表示1件毎にダウンロードを行っているために一括ダウンロード・一括出力 は実現されないことになる。
 そこで、作業能率の低下を回避するためには、一括ダウンロード・一括出力の機能を現行のUIPに追加する必要がある。例えば、別添資料5における図3の状態で一括してダウンロードした後、必要とする帳票を作成するようなローカルシステムが必要になる。
 なお、センター提供のILLシステムでは、一括ダウンロード用に別途固有の画面を提供するが、大学図書館等と協議の上でその仕様を決定する予定である。

 注  ローカルシステムの予算管理システムでILL に関係する料金の管理
   をしたり、貸出システムでILL に関係する資料の管理をしたり、本ILL
   システムのデータをローカルシステムでどのように処理するのかについ
   ては、各大学図書館等の仕様によって異なる。

(2) 別添資料一覧

  別添資料1: 運用開始までのスケジュール案

  別添資料2: 複写業務とシステムの状態遷移

       複写業務の場合に、ILL レコードの状態が処理状況に応じて遷移
       する様子を示す。

  別添資料3: 貸借業務とシステムの状態遷移

       貸借業務の場合に、ILL レコードの状態が処理状況に応じて遷移
       する様子を示す。

  別添資料4: 依頼館の業務の流れと画面

       依頼館側で新規にILL レコードを作成して、依頼するまでの画面
       イメージを示す。

  別添資料5: 受付館の業務の流れと画面

       受付館側で、自館宛のILL レコードを受付けて、複写をした後、
       料金等を入力して発送通知をするまでの画面イメージを示す。

    付録1: 状態遷移図
    付録2: 画面構成
    付録3: 画面イメージ
    付録4: 業務画面番号一覧表
    付録5: コマンド一覧
    付録6: データベース項目一覧

本文に戻る