オンライン・システム・ニュースレター No.31 (1991.10.18)


ILLシステムダウンロード用画面の仕様


 ILLシステムの概要については、ニュースレターNO.29 で紹介しましたが、未決定となっていました事項は以下のとおりとなりました。

(1)仮想画面の構成

  ア フィールドの構成
   ・ 1項目/フィールドとし、データ1にタグ名とデータが入力されている。
   ・タグ名とデータの区切りは'='で表す。
   ・要素の区切り(1フィールド 内に複数要素が入力される場合)
     各要素の区切りは'!?'で区切って表示する。
  イ エリアの構成
   ・エリアは、エリア番号2以降に格納される。
  ┏━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
  ┃エリア│フィールド│    デ ー タ     │論理レコード単位┃
  ┣━━━┿━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━━┫
  ┃ 2  │  :   │       :       │├nレコード   ┃
  ┃ 2  │  950  │ALDF=‥‥‥‥‥‥‥‥‥   │┘       ┃
  ┃ 2  │  951  │ID=LA‥‥‥‥‥‥‥‥‥   │┐       ┃
  ┃ 2  │  952  │STAT=処理中         ││       ┃
  ┃ :  │  :   │       :       │├n+1レコード  ┃
  ┃ 2  │  999  │POSTG=200          ││       ┃
  ┃ 3  │  001  │SUM=1000          ││       ┃
  ┃ :  │  :   │       :       ││       ┃
  ┃ 3  │  031  │ALDF=‥‥‥‥‥‥‥‥‥   │┘       ┃
  ┃ 3  │  032  │ID=LA‥‥‥‥‥‥‥‥‥   │┐       ┃
  ┃ 3  │  033  │STAT=処理中         ││       ┃
  ┃ :  │  :   │       :       │├n+2レコード  ┃
  ┗━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛
  ウ 画面イメージ: 別紙のとおり。
  エ 画面項目: 別表の通り。
  オ レコードの先頭:「ID=」

(2)MDOWNLDコマンド ダウンロード用画面を表示するための MDOWNLDコマンドに関して、前回通知した内容について以下のように訂正した。

  ア オペランド「n1..n5」は削除。
  イ オペランド「n1 n2」は「m n」が正しい。
  ウ オペランドで指定可能な最大件数は100件とする。

(3)MDOWNLDに伴う画面遷移

  ア ダウンロード用画面(I103O,I203O,I304O,I404O)において有効なコマン
   ドは、「BROWSE」「DISPLAY」「MDISPLAY」「MDOWNLD 」「RETURN」とする。
  イ BROWSEにより簡略表示に移行する際に、オペランド指定がない場合は現在の
   ダウンロード用画面の最終レコードの次のレコードから簡略表示する。
  ウ ヌルコマンド(空送信)の場合は無効として画面の遷移をしない。