オンライン・システム・ニュースレター No.32 (1992.02.26)


ILLシステムの改訂について


 昨年11月に実施したILLシステムのモニターで、モニター参加館の方々の御協力により、センターシステムの動作確認のために有効なデータを採取することができました。ここに、関係機関の方々に改めてお礼申し上げます。
 なお、モニターの際提出いただきました「システムチェック票」での要望事項のうち、センターで検討した結果、修正事項は以下の通りです。運用開始の4月までに修正を行う予定ですが、アスタリスクのついた事項は、7〜9月頃に実施する予定のものです。


1) MDISPLAY画面での操作性について
* 1 SENDコマンド発行時にQNTが空白のレコードは残したまま他の有効レコードを「発送」の状態に
    進める。
* 2 MDIの画面で、MDOWNLDコマンドを発行できるようにする。これによってMDI画面で料金入力し
    たレコードをまとめてローカルシステムにダウンロードできるようにする。
  3 MDI入力画面にANO(受付番号)の項目を追加する。


2) コマンドについて
  1 UNDOコマンドの名称を「CALLBACK」とする。
* 2 これに伴い、CATで使用している本来のUNDOコマンドを有効にする。
  3 単にレコードを表示するだけで状態遷移を伴わないコマンド「OBSERVE」を新設する。
  4 SEARCHコマンドを有効とする。
* 5 SUMMARYコマンドを1件の詳細表示の場合も有効とする。
* 6 ORDER直後の簡略表示から、業務選択画面を経ずに書誌検索に移行することができるように
    「SWITCH」コマンドを有効にする。
  7 COPYコマンドを、CATと同様にオペランドで番号指定ができるようにし、簡略表示からのCOPY
    コマンドを有効にする。


3) 項目について
  1 ONO(依頼番号)、ANO(受付番号)の長さを5バイトから10バイトにする。
  2 ACCTのコードを「pb」、「pr」のように小文字正規化する。


4) 画面遷移について
  1 1件の場合でも、必ず簡略表示を経るように変更する。


5) メニュー画面について
  1 業務選択画面で表示される「状態」を次のとおり追加する。

┏━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━┓
┃ ┃ 複写依頼   ┃ 複写受付   ┃ 貸借依頼   ┃ 貸借受付   ┃
┣━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃追┃到着処理中   ┃新着照会    ┃到着処理中   ┃新着照会    ┃
┃加┃回答待     ┃クレーム回答待 ┃回答待     ┃クレーム回答待 ┃
┃表┃クレーム未処理 ┃        ┃クレーム未処理 ┃返却クレーム未 ┃
┃示┃        ┃        ┃返送      ┃処理      ┃
┃ ┃        ┃        ┃更新請求    ┃        ┃
┗━┻━━━━━━━━┻━━━━━━━━┻━━━━━━━━┻━━━━━━━━┛

6) 簡略表示、詳細表示を見やすくする
* 1 簡略表示でのレコードの同定識別が容易になるよう表示を変更する。また、詳細表示でも料金
    に係る項目を見やすくする。