オンライン・システム・ニュースレター No.33 (1992.03.24)


ILLシステム運用に伴うCHGMODEコマンドの仕様変更


 ILLシステムの運用に伴い、現在、管理用利用番号で利用できるCHGMODEコマンド(「目録所在情報サービス利用の手引」 P.66参照)に、ILLとCATのシステムの切り換えができる機能を追加しました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                     ┃
┃               ┌  ┐       ┌    ┐       ┃
┃               │CAT│       │EDUCATE│       ┃
┃CHGMODE△利用番号, SERVICE( ┤  ├ ) , MODE ( ┤    ├ )      ┃
┃               │ILL│       │REAL  │       ┃
┃               └  ┘       └    ┘       ┃
┃                                     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   * 利用番号はILLシステムが利用できる利用番号を指定する。
    ILLシステムを利用できない利用番号についてSERVICE で「ILL」
    を指定しても、CHGMODEコマンドは正常に作動するが、実際に
    ILLシステムの初期メニューで業務選択する段でエラーとなる。
  
   ** MODEのオペランド
     EDUCATE: 教育モード、教育システム
       REAL: 業務モード、業務システム
  
  *** CHGMODEのみでオペランドがない場合
    利用番号、SERVICE 、MODEを問い合わせ方式で入力できる。