オンライン・システム・ニュースレター No.36 (1992.10.20)


ILLに関する質問書から


1 HMLID、HMLNMの入力について

┌───────────────────────────────────────┐
│ 総合目録データベースにない資料を依頼する際、HMLID(所蔵館コード、FA番    │
│号)とHMLNM(所蔵館略称)を入力してORDERすると、エラーが出てしまうこ       │
│とがある。なぜか?                               │
│ また、この場合、HMLIDやHMLNMは1フィールドしかないが、次候補館のデ      │
│ータを入力することはできるのだろうか。                    │
└───────────────────────────────────────┘

 所蔵館に関する事項でORDER時の必須項目はHMLIDだけです。HMLNMは空白のままでも、HMLIDのFA番号に対応する略称が自動的にセットされるようになっていますので、HMLIDについてだけ正しい値を入力すればよいということになります。
 このケースでは、HMLNMに入力した略称が、HMLIDのFA番号に対応する正しい略称とくいちがっていたためにエラーとなったものです。HMLIDに入力するFA番号については、前号(No.35)巻末に掲載している参加組織ID一覧表を参照してください。なお、SSTAT=Nの所蔵館を指定した場合も同様にエラーメッセージが出ますのでご注意ください。
 また、HMLID〜RGTNまでの所蔵事項は最大5回まで繰り返しが可能です。この場合も、フィールド追加(→マニュアルp.17)で5館分のフィールドを作成することができます。その際、LOCやCLN等を入力する場合は必ずHMLIDと対にして入力 してください。

2 LOC(配置コード)による所蔵館の限定について

┌───────────────────────────────────────┐
│所蔵館選定の際、図書館所蔵のものと研究室・資料室等の所蔵のものを識別したいの │
│だが、配置コードレベルで所蔵館を限定をする方法はあるのだろうか。       │
└───────────────────────────────────────┘

 LOC(配置コード)による限定として、以下の2つの方法があります。

(1) LOCフィールドによる検索

 総合目録データベースではLOCフィールドに実際に資料を所蔵している館室等の名称 (配置コード)を入力します。したがって、所蔵検索・簡略表示画面でLOCフィールドに「図書館」と入力すると、配置コードが「図書館」の所蔵レコードだけに限定できます。
 ただし、配置コードは各参加組織で設定が違っていますので、検索には注意が必要です。例えば、図書館所蔵のものでも、LOCが「図」「図書館」「本館」等といった異なる表記であったり、あるいはLOCが空値(空白)であったりというように各参加組織間で統一が取れているとは限りません。

(2) SCANコマンドによる限定

 SCANコマンドによる限定ですと、OR検索(論理和検索)や前後方一致検索が可能です。「SCAN LOC=図 OR LOC=本館」というように指定すると、上述のLOCの表記のゆれをある程度、カバーできます。

〇 受付館に関する事項

3 同一依頼館、同一申込者のレコードの限定について

┌────────────────────────────────────────┐
│MDIで同一依頼館、同一申込者のレコードをまとめてSENDしたいのだが、必ず│しも同一 │
│依頼館、同一申込者のレコードが連番になっているとは限らない。現在のところ、MDIは │
│とび番での指定ができないので、このような場合、1件ずつSENDせざるを得ない。システ │
│ム改訂まで、この方法でやるしかないのだろうか。                  │
└────────────────────────────────────────┘

 SCANコマンドを使えば、同一依頼館、同一申込者のレコードの限定が容易にできます。「SCAN OMLNM=○○ AND CLNT=△△」というように指定すれば、特定の依頼館、申込者のレコードの集合ができますので、そのままMDIで一括してSENDすることが可能です。(→マニュアルp.79)
 その他にもSCANコマンドで様々な条件の限定が可能です。SCANコマンドで指定できる項目については、マニュアルp.105の表にある「画面項目名」を参照してください。また、SCANコマンドでは複数の条件の組み合わせによる限定も可能です。(→ マニュアルp.59〜60、82〜83)