オンライン・システム・ニュースレター No.38 (1993.03.26)


ILLシステムの機能向上について


 オンライン・システムニュースレターNo.37(1992.12.14)でお知らせしました、ILLシステムの機能向上のうち、第2期分については平成5年4月以降に順次、運用開始を予定しています。今回は以下の5項目のシステム改訂となります。

  ┌──────────────────────────────────────┐
  │1) オンライン統計                             │
  │2) 参加組織一覧機能                            │
  │3) 貸借業務のDDATE(返却期限)の自動付与                   │
  │4) 教育システムのグループ設定機能                     │
  │5) 受付受理館コードの更新方法                       │
  └──────────────────────────────────────┘
(1)  オンライン統計

 ユーティリティ画面でのILLレコード統計については、「ILLシステム操作マニュアル改訂版」P.88にもあるとおり、ILLレコードの件数を表示します。
 概要は次のとおり。

  1. 業務別(依頼/受付、複写/貸借)のレコード件数を月単位で表示する。ILLレコードのうち、状態が「確認」「返却確認」のものを対象とする。
  2. 月単位での表示については、レコードの更新日付(通常はOKコマンド発行日付)でカウントする。依頼日、受付日や到着日とは異なる。
(2)  参加組織一覧機能

 現在、ILLシステムで参加組織の利用条件を検索するプロセスは、書誌検索→所蔵検索→LOOKUP LIBRARY→利用条件参照となっています。
 この検索方法に加えて、今回、ユーティリティ業務に参加組織一覧画面を新たに追加します。
 これにより、目録検索を経ずに直接、特定の参加組織の利用条件を検索することが可能になります。

  1. 新たに「参加組織検索・簡略表示画面」(画面番号U201S/B、検索時はU201S、簡略表示時はU201B)を追加。
     この画面で検索キーを入力して、参加組織のレコードを検索する。検索対象フィールドは、「参加組織コード(FA番号)」、「参加組織名称(ヨミからの検索、および前方一致検索も可能。ただし略称は不可)」、「AREA(地域コード)」の3つ。
     その他、SCANによる文字列検索で、「ILLFLG=A」や「SSTAT=A」あるいはPOLICYに特定のデータが存在する参加組織の限定も可能。
  2. SEARCHコマンドによる検索も可能。その場合、オペランド「ALL」を付して全参加組織のレコードを検索することも可能。
  3. 参加組織データの一括ダウンロードを可能とするため、参加組織検索・簡略表示画面からのMDOWNLDコマンドを有効とする。
     そのため、新たに「参加組織詳細表示(ダウンロード用)画面」(画面番号U204O)を追加する。ダウンロード用画面での表示項目については別表参照。
             参加組織一覧 画面イメージ
 ┌────────────────────────────────────────┐
 │ ユーティリティ業務選択画面                          │
 │ >:3                                      │
 │ 1. ニュース                                 │
 │ 2. 参加組織メンテナンス                           │
 → 3. 参加組織一覧                               │
 │ 4. ILL レコード統計                             │
 │ 5. ILL レコード統計(個別館統計)                        │
 
   ユーティリティ業務選択画面で、3.参加組織一覧を選択する。
   ↓
 ┌────────────────────────────────────────┐
 │ 参加組織検索・簡略表示                            │
 │ >:                                       │
 │ MLID: ........ MLNM= 学術情報*.............. AREA= ...............      │
 │                                        │
 
   検索フィールドに検索キーを入力し、送信する。
   ↓
 ┌────────────────────────────────────────┐
 │ 参加組織検索・簡略表示              1  -  10  /  30   │
 │ >:DISPLAY 1                                  │
 │ MLID: ........ MLNM= 学術情報*.............. AREA= ...............      │
 │ 1.<FA012943> 学情セ                              │
 │ 2.<FA888888> 学情セ1                             │
 │  : :                                     │
 
   ヒット件数が複数件の場合、簡略表示されるのでDISPLAYコマンドで詳細
   ↓ 表示させる。
 ┌────────────────────────────────────────┐
 │ 参加組織情報詳細表示        1/    30               │
 │ >:                                      │
 │ <FA012943> CRDATE:19910122  UPDATE:19920305                 │
 │ ORGNW:学術情報センター||ガクジュツジョウホウセンター            │
 │ ORGSN:学情セ||ガクジョウセ                         │
 │ YNO:112 ADDRS: 東京都文京区大塚3-29-1                     │
 │ ILLDEPT:事業部目録情報課情報・資料係                      │
 │ ILLSTAF:相互太郎                               │
 │ TEL:03-942-6987 FAX:03-3944-7131                       │
 │ SETFLG:1 KFLG:4 CATFLG:A ILLFLG:A                       │
 │ COPYS:A LOANS:C LOANP:30 FAXS:N SSTAT:A                    │
 │ AMLIC:FA888888                                │
 │ POLICY:複写担当係: 情報・資料係                        │
 │  : :                                    │
 
    参加組織の利用条件等が詳細表示される。
 
 
 ┌───┐
 │別 表│
 └───┘

参加組織データ MDOWNLD用詳細表示項目

 ┏━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━┯━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ ┃  名  称       ┃フィー │リテ ┃    表示処理          ┃
 ┃ ┃             ┃ルド  │ラル ┃                  ┃
 ┣━╋━━━━━━━━━━━━━╋━━━━┿━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 ┃01┃参加組織コード      ┃ID   │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃02┃参加組織名称(漢字、わかち)┃ORGNW  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃03┃参加組織名称(よみ、わかち)┃ORGNK  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃04┃参加組織略称(漢字、フル) ┃ORGSN  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃05┃参加組織略称(よみ)    ┃ORGSNK │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃06┃地域コード        ┃LOCCD  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃07┃設置者種別        ┃SETFLG │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃08┃機関種別         ┃KFLG  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃09┃CAT 参加種別       ┃CATFLG │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃11┃ILL 参加種別       ┃ILLFLG │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃12┃複写サービス種別     ┃COPYS  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃13┃貸借サービス種別     ┃LOANS  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃13┃貸借期間         ┃LOANP  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃14┃FAX サービス種別     ┃FAXS  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃15┃サービスステータス    ┃SSTAT  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃15┃複写受理館コード     ┃AMLIDC │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃15┃貸借受理館コード     ┃AMLIDB │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃16┃郵便番号         ┃YNO   │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃17┃住所           ┃ADDRS  │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃18┃電話番号等        ┃    │TEL  ┃                  ┃
 ┃ ┃  ┌──────────╂────┤   ┃                  ┃
 ┃ ┃  │電話番号      ┃TEL   │   ┃フィールドの数だけ繰り返す。    ┃
 ┃ ┃  ├──────────╂────┤   ┃各要素を「!?」で区切って表示する。 ┃
 ┃ ┃  │内線番号      ┃EXTEL  │   ┃                  ┃
 ┃ ┃  ├──────────╂────┤   ┃                  ┃
 ┃ ┃  │FAX番号       ┃FAX   │   ┃                  ┃
 ┠─╂──┴──────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃19┃ILL担当部局        ┃ILLDEPT │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃20┃ILL担当者         ┃ILLSTAF │同左 ┃                  ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃21┃ポリシー         ┃POLICY │同左 ┃フィールドの数だけ繰り返す     ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃22┃図書館定義フィールド   ┃LDF   │同左 ┃フィールドの数だけ繰り返す     ┃
 ┠─╂─────────────╂────┼───╂──────────────────┨
 ┃23┃文部省図書館コード    ┃LCODE  │同左 ┃                  ┃
 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━┻━━━━┷━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(3)  貸借業務のDDATE自動付与

 貸借業務のDDATE(返却期限)はSEND時の必須項目ですが、現在の仕様では担当者が1件毎に返却期限を入力するようになっています。
 今回のシステム改訂では、まず、参加組織メンテナンス画面に貸出期間を登録するための項目「LOANP」を新たに追加します。ここにデフォルト値(日数→2桁数字、または年月日→8桁数字)を登録することにより、DDATEを空白でSENDするとシステムが自動的に返却期限を演算し、データをセットします。
 なお、自動付与されるのはDDATEが空白の場合だけですので、貸出期間をデフォルト値よりも短縮したい場合などは、DDATEに8桁の年月日を入力する必要があります。

    DDATE自動付与 処理イメージ
 ┌───────────────────────────────────────┐
 │                                       │
 │  1 日数で指定(貸出期間:20日)                        │
 │                                       │
 │                 当日を1993.03.01とすると・・・       │
 │  ┏━━━━━━━━━━┓   ┏━━━━━━━━━━━┓         │
 │  ┃参加組織メンテナンス┃   ┃貸借受付詳細表示   ┃         │
 │  ┃          ┃   ┃>>SEND        ┃         │
 │  ┃          ┃ → ┃           ┃         │
 │  ┃  LOANP:20     ┃   ┃  DDATE:19930321  ┃         │
 │  ┃          ┃   ┃           ┃         │
 │  ┗━━━━━━━━━━┛   ┗━━━━━━━━━━━┛         │
 │                 当日+20日の日付をセット           │
 │                                       │
 │  2 年月日で指定(返却期限:19930331まで)                   │
 │                                       │
 │  ┏━━━━━━━━━━┓   ┏━━━━━━━━━━━┓         │
 │  ┃参加組織メンテナンス┃   ┃貸借受付詳細表示   ┃         │
 │  ┃          ┃   ┃>>SEND        ┃         │
 │  ┃          ┃ → ┃           ┃         │
 │  ┃ LOANP:19930331  ┃   ┃   DDATE:19930331  ┃         │
 │  ┃          ┃   ┃           ┃         │
 │  ┗━━━━━━━━━━┛   ┗━━━━━━━━━━━┛         │
 │                 常に19930331をセット             │
 │                                       │
 └───────────────────────────────────────┘
(4)  教育システムのグループ設定機能

 現在、ILLの教育システムは「独習用」のシステムとして、依頼館・受付館は常に自館という設定になっていますが、今回のシステム改訂で相手館(受付館)を図書館側で自由に設定できるようになります。
 相手館のグループ設定は、参加組織メンテナンス画面で行います。そのための新しい項目「AMLIDE」をメンテナンス画面に追加します。このフィールドにあらかじめ、受付館となる相手の図書館の参加組織ID(FA番号)を最大5つまで登録できます。
 これにより、相手館とのメッセージ交換が教育システムでも可能になります。業務システムと違ってFORM時に指定した所蔵館とは関わりなく、常に同じグループでレコードのやりとりを行うことになります。
 相手館を設定する際には、事前に関係各館との調整が必要になると思われますので、運用には十分注意してください。
 なお、グループ設定を解除するには、参加組織メンテナンスで「AMLIDE」の参加組織IDを削除(フィールド削除)してください。「AMLIDE」が登録されていない場合は、受付館は常に自館という設定になります。

    教育システムでの処理イメージ
 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │ ┏━━━━━━━━━━┓                            │
 │ ┃参加組織メンテナンス┃                            │
 │ ┃<FA000000>     ┃                            │
 │ ┃          ┃                            │
 │ ┃AMLIDE:FA111111   ┃┐                           │
 │ ┃AMLIDE:FA222222   ┃│                           │
 │ ┃AMLIDE:FA333333   ┃├受付館のグループを設定                │
 │ ┃AMLIDE:FA444444   ┃│                           │
 │ ┃AMLIDE:FA555555   ┃┘                           │
 │ ┗━━━━━━━━━━┛                            │
 │    ↓                                    │
 │ ┏━━━━━━━━━━┓    ┏━━━━━━━━━━┓            │
 │ ┃依頼館 <FA000000>  ┃    ┃受付館1<FA111111>  ┃            │
 │ ┃          ┃ ORDER ┃┏━━━━━━━━━┻┓           │
 │ ┃          ┃ →  ┃┃受付館2<FA222222>  ┃           │
 │ ┃          ┃    ┃┃┏━━━━━━━━━┻┓ PARDON      │
 │ ┃ HMLID:FAXXXXXX   ┃ ←  ┃┃┃受付館3<FA333333>  ┃          │
 │ ┃ HMLID:FAXXXXXX   ┃ SEND ┗┫┃┏━━━━━━━━━┻┓         │
 │ ┃ HMLID:FAXXXXXX   ┃     ┃┃┃受付館4<FA444444>  ┃         │
 │ ┃          ┃     ┗┫┃┏━━━━━━━━━┻┓        │
 │ ┗━━━━━━━━━━┛      ┃┃┃受付館5<FA555555>  ┃        │
 │  所蔵館とは関わりなく       ┗┫┃          ┃        │
 │  参加組織メンテナンス        ┃┃          ┃        │
 │  で設定した受付館の順        ┗┫          ┃        │
 │  に処理される。            ┃          ┃        │
 │                     ┗━━━━━━━━━━┛        │
 └─────────────────────────────────────────┘
(5)  受付受理館コードの更新方法

 図書館の利用条件のうち、COPYS(複写サービス種別)とLOANS(貸借サービス種別)のコードが「C」の図書館に対する受付レコードは、学術情報センターで管理しているテーブルをもとに、受付窓口になっている図書館(受付受理館)へ送られます。
 従来、学術情報センターで更新していた受付受理館のテーブルを各図書館側で更新できるようにします。そのため、複写/貸借の業務毎に受理館を設定できるように、参加組織メンテナンス画面に「AMLIDC(複写受理館コード)」と「AMLIDB(貸借受理館コード)」という2つの項目を追加します。

    受付受理館のチェック
 ┌───────────────────────────────────────┐
 │                                       │
 │  ┏━━━━━━━━━━┓                         │
 │  ┃所蔵レコード    ┃                         │
 │  ┃<FA999999>     ┃                         │
 │  ┃          ┃                         │
 │  ┃          ┠───┐                     │
 │  ┃          ┃   │                     │
 │  ┗━━━━━━━━━━┛   │                     │
 │       FORM        │   ┏━━━━━━━━━━┓      │
 │      ↓          │   ┃参加組織メンテナンス┃      │
 │  ┏━━━━━━━━━━┓   │   ┃<FA999999>     ┃      │
 │  ┃依頼館       ┃   └──→┃          ┃      │
 │  ┃          ┃       ┃ COPYS:A      ┃      │
 │  ┃          ┃   ┌───┨ LOANS:C      ┃      │
 │  ┃   HMLID:FA999999┃   │   ┃ AMLIDB:FA888888  ┃      │
 │  ┃          ┃   │   ┃          ┃      │
 │  ┗━━━━━━━━━━┛   │   ┃          ┃      │
 │       *ORDER       │   ┗━━━━━━━━━━┛      │
 │      ↓          │                     │
 │  ┏━━━━━━━━━━┓   │                     │
 │  ┃受付館 <FA888888>  ┃   │ *ORDER時に受理館をチェック        │
 │  ┃          ┃   │                     │
 │  ┃          ┃←──┘     この例では貸借の場合のみ    │
 │  ┃ HMLID:FA999999  ┃         受付受理館<FA888888>へ    │
 │  ┃          ┃         レコードが送られる。      │
 │  ┗━━━━━━━━━━┛                         │
 └───────────────────────────────────────┘

 以上、(3)から(5)の改訂により現在の参加組織メンテナンス画面に ア)「LOANP(貸出期間)」、イ)「AMLIDE(教育システム受付館コード)」、 ウ)「AMLIDC(複写受理館コード)」エ)「AMLIDB(貸借受理館コード)」の項目が新たに追加されます。
 なお、参加組織詳細表示画面では 2の「AMLIDE」は表示されません。