オンライン・システム・ニュースレター No.44 (1994.03.31)


NACSIS-ILLでのBLDSC依頼時の注意事項


前号までに紹介した事項以外の注意事項は以下のとおりです。

  1. データの長さについて

    BLDSCへの転送データの長さには制限があります。そのため、書誌データが長い場合などには、資料の同定識別のための重要な情報が削除される恐れがあります。途中を省略するなどの工夫をしてください。
    項目別の長さは以下のとおりです。なお、改行処理のために最大バイト数よりも短くなる場合があります。

    
      ・書誌事項(BIBNT)・・・・・画面項目「BIB」の書誌事項の部分から最大120バイト
      ・標準番号(STDNO)・・・・・画面項目「BIB」の標準番号の部分から最大40バイト
      ・巻号(VLNO)・・・・・・・・画面項目から最大18バイト
      ・ページ(PAGE)・・・・・・・    〃          18バイト
      ・年次(YEAR)・・・・・・・・    〃          18バイト
      ・論文関係事項(ARTCL)・・・     〃          80バイト
      ・請求記号(CLN)・・・・・・・   〃          40バイト
      ・書誌典拠  (BVRFY)・・・・     〃          36バイト
      ・コメント(SENDCMNT)・・画面項目「CMMNT」から最大16バイト
    
                           「3.項目別の注意事項」参照
          
    * 前号(No.43, p.4) で紹介しました対象フィールドに加え、今回新たに追加しました。
    

  2. 文字種について

    転送されるデータは英数文字です。漢字や特殊な記号等は転送できません。なお、ロシア文字とEXC文字は対応するローマ字に変換して転送します。変換できない文字は、BLDSCに依頼する際に予めローマ字に変換してください。

  3. 項目別の注意事項

    1. コメント(SENDCMNT)

      BLDSCに対して依頼する場合、コメントはコードで入力して ださい。

      1. 通常のコメント:ORDER、FORWARD、ANSWER、CHASE

        コマンド発行時に次の特別請求を指定できます。

        BACKUP :BLDSCになければバックアップ図書館まで依頼する
        COPYRT :著作権クリアードサービスで依頼する
        → 「7.著作権クリアードサービス」参照
        MICNO :マイクロ形態不可 MUSIC :音楽資料である PATENT :特許 TRANSON:翻訳版のみ TRANSIP:可能なら英訳版で

      2. CHASEコマンド時の特別なコメント → 「4.CHASEコマンド」参照

      3. ANSWERコマンド時の特別なコメント → 「5.(2) ANSWER時のコメント」参照

    2. 請求記号(CLN)

      BLDSCの目録により、当該資料のシェルフマーク(配架記号)などが判明している場合はCLNに入力してお ようにしてください。なお、書誌事項が正確で、ISSN等の標準番号があれば、CLNは必須ではありません。

  4. CHASEコマンド

    いったんBLDSCに転送され「外部依頼中」になっているレコードに対して、CHASEコマンドを発行することによって、追伸・回答のメッセージを送ることができます。
    ただし、処理内容によってはCMMNTに相応のコードを入力する必要があります。

    1. 待機状態を取り消す(CANCEL)

      BLDSCからのリプライ・コード(「8.トラブル時の処理」参照)で処理待ち状態であると通知があったものに対して、キャンセルしたい場合は、CMMNTに「CANCEL」と入力して、CHASEコマンドを発行します。
      このCANCELのメッセージが正常に処理されれば、後日BLDSCから、キャンセル処理した旨のリプライ・コードが送られます。

    2. 督促をする(CHASER)

      依頼した文献が届かない、あるいは4週間(バックアップ図書館を含む場合は8週間)を経過してもリプライ・コードが届かない場合は、CMMNTに「CHASER」と入力して、CHASEコマンドを発行します。

    3. 再度依頼する(REAPP)

      BLDSCからのリプライ・コードに対して回答し、再度依頼する場合は、CMMNTに「REAPP」と入力して、CHASEコマンドを発行します。

    4. 回答する(RECALL)

      資料をすでに返送したか、あるいは資料が到着していないのに督促のリプライ・コードがきた場合は、CMMNTに「RECALL」と入力して、CHASEコマンドを発行します。
      この場合、コメント「RECALL」の後にはリプライ・コードを引用し、また「BIB」の冒頭に回答内容を追加します。

      例1:リプライ・コード「DUE」に対して回答する。
      BIB : This item was return on 28 Apr. : ...( 元の書誌事項 ).....
      CMMNT: RECALL DUE ・・・・

      例2:リプライ・コード「DUE WAIT」に対して回答する。
      BIB : This item was never received : ...(元の書誌事項 ).....
      CMMNT: RECALL DUE WAIT・・

  5. 「新着照会」のレコードに対する処理

    1. BLDSCへの転送時にエラーが発生した場合

      当該レコードは「新着照会」の状態になります。エラー原因が特定できない時は、当該ユーザ(BLDSCのユーザコード単位)のレコードはすべて「新着照会」になります。

      再依頼する場合は、エラー箇所の修正等を行って、ANSWERコマンドを発行します。

    2. ANSWER時のコメント

      CMMNTが必須です。特別請求事項等を入力する必要がない場合、当面「#」を入力してください。

    3. FORWARD処理

      ILLシステム参加館が謝絶して、次の候補館がBLDSCの場合は、状態が「新着照会」になります。BLDSCに依頼したい場合は、「照会」の状態で上記のデータの長さ、文字種、コメント内容等を確認した上で、FORWARDしてください。

  6. 貸借の場合

    1. 利用に際して

      貸借サービスの利用は、別途BLDSCの利用者登録が必要です。代理店を通じて登録手続きを行って ださい。

    2. BORROWコマンド時

      「外部依頼中」のレコードに対してBORROWコマンドを発行する際には、料金や返却期限等を入力してください。

    3. RENEWコマンドの不可

      BLDSCに対する更新請求は、新たな依頼レコードを転送することで行います。
      借用中の資料の更新をしたい場合は、元のレコードをCOPYして新しいレコードを作成し、ORDERしてください。その際、CMMNTには「RENEW」と入力し、また、画面項目「BIB」には書誌事項の冒頭に「Please renew: 」を付してください。

    4. リコール

      借用中の資料に対して、BLDSCから督促等のリプライ・コードが通知される場合があります。CHASEコマンドで回答(RECALL)してください。

  7. 著作権クリアード・サービス

    1. 利用に際して

      BLDSCの利用にあたっては、英国の著作権法に基づく制限事項がありますので、利用案内等を確認の上運用して ださい。なお、BLDSCでは著作権問題を解決するサービス "Copyright Cleared Services" を行っており、「雑誌の同一号から複数論文を依頼する」といった、通常は著作権法上コピーできないものもコピー可能になります。このサービスを利用する場合には、代理店を通じてBLDSCの利用登録が必要です。

    2. コメント「COPYRT」

      著作権クリアード・サービスによる依頼であることを指示したい場合は、CMMNTに「COPYRT」と入力してください。

    3. レコードID

      BLDSCから送付される利用明細等では、レコードIDの前に「RZ」の文字が付き、通常のものとの識別ができるようになっています。

  8. トラブル時の処理

    1. BLDSCから問い合わせがあった場合

      BLDSCで受け付けたリクエストについて問題等があった場合には、リプライ・コードというものが郵送されます。このリプライ・コードの種類や意味については代理店に照会して ださい。
      リプライ・コードの主な処理には、書誌事項を確認して再度依頼するもの、キャンセルを指示するもの、貸借の場合の照会に回答するもの等がありますので、それぞれCHASEコマンドによって対応してください。

    2. BLDSCに照会したい場合

      BLDSCからリプライ・コードも到着せず、処理状況が不明の場合は、CHASEコマンドによって督促してください。

    3. 重大なトラブルの場合

      料金に関連するトラブルや緊急に処理をする必要がある場合には、代理店にご相談ください。また、必要があれば、学術情報センター専門・電子情報係(03-3942-6987,6988)までご連絡ください。