オンライン・システム・ニュースレター No.45 (1994.06.10)


目録システム開発(第2期 雑誌分)の実施


ニュースレターNo.42 および No.43でお知らせしました目録システム開発(第2期雑誌分)について平成6年4月より実施しました。

  1. 参照MARC(JP(S))への国立国会図書館所蔵情報の表示

    JP(S)書誌レコードに国立国会図書館所蔵情報フィールド(CLN: 請求記号 HOLD: 所蔵巻号等)を表示するようになりました。この2フィールドは参照MARC上でのみでの表示となります。

  2. 件名フィールドの追加

    図書書誌レコードと同様に、雑誌書誌レコードについて件名フィールドの表示および入力が可能になりました。件名フィールドの要素、記述文法等は図書書誌レコードと同様です。
    既存のNC雑誌書誌に件名フィールドの追加修正を行った場合は、センターに雑誌書誌修正の報告を提出する必要はありません。

  3. 参照MARC(LC(S))のTRフィールドでのキリル文字変換

    本標題がロシア語の場合、参照MARC(LC(S))のTRフィールドをキリル文字(原綴)で表示するようにしました。また、LC(S)で今までTRフィールドに表示していたローマ字翻字形はVT:RM:として表示します。
    USMARCデータの本標題言語コード(タグ番号008 35〜37)がrusの場合に、TRフィールドのみをLC翻字表によってローマ字からキリル文字(原綴)へ変換処理しています。従って、流用入力時には以下のことに留意し、必ず現物で確認を行うようにしてください。

    1. 機械的な文字列変換を行っていますので、変換が不完全な場合もあります。
    2. TRフィールド以外については、従来通りローマ字翻字形のままです。
    3. 本標題がロシア語以外のものは、従来通りローマ字翻字形のままです。