オンライン・システム・ニュースレター No.48 (1994.12.20)


目録所在情報サービス用回線番号の変更


学術情報センターニュースNo.29(平成6年9月発行)の折込み記事でもご紹介しましたように、平成7年1月からセンターの西千葉電算機棟が稼働することに伴い、従来ご利用の各サービスに接続するための回線番号が以下のとおり変更になります。

   DDX-P回線番号

                          平成6年12月まで    平成7年1月から

   目録所在情報サービス                             
     業務用システム
       VTSS(80年規格)      313-7108           416-7389
       VTSS(76年規格)      357-1150           416-7393
       N-1                 352-2051           416-7422
     教育用システム
       VTSS(80年規格)      361-2822           416-6139   
       N-1                 361-2821           416-7387   

   情報検索サービス
      DDX-TP、INS-P        361-2822           416-6139
      N-1                  361-2821           416-7387   

   電子メールサービス                              
      DDX-TP、INS-P        313-1018           416-6138   
      N-1                  355-1273           416-6136  

今回の変更に伴って作業が発生するのは、公衆回線網を利用されている参加機関においてです。学術情報ネットワーク、インターネット・バックボーンをご利用の参加機関においては、特に変更作業は生じません。以下に変更作業上の注意点をあげます。

次の1)〜3)の手順・回線で目録・ILLシステムを利用されている参加機関のうち、接続先の回線番号を予めシステムに設定してある場合には、今回の番号変更に伴って、設定済の回線番号を再設定する必要があります。

各機関のシステム担当者は1)〜3)のどのパターンに該当するかを確認の上、再設定を実施してください。再設定する必要があるかどうか、また再設定の方法等について不明な点がある場合には、システム導入に関わった業者等にお問い合わせください。

この設定を行わない場合、平成7年1月から各システムとの接続ができなくなりますのでご注意ください。


   1) N-1でDDX-Pを利用している機関
      業務用システムは
            3522051 → 4167422 となります。
      教育用システムは
            3612821 → 4167387 となります。

   2) VTSSでDDX-PまたはDDX-TPを利用している機関
      業務用システムは
            3137108 → 4167389
       あるいは 3571150 → 4167393 となります。
        (上段はVTSS80年規格、下段はVTSS76年規格です)
      教育用システムは
            3612822 → 4166139 となります。

   3) VTSSでINS-Pを利用している機関
      業務用システムは
            3137108 → 4167389 となります。
      教育用システムは
            3612822 → 4166139 となります。

なお、情報検索サービス・電子メールサービスを利用されている参加機関で、電話番号及び回線番号を予め設定してある場合も、同様に変更が必要になりますのでご注意ください。詳しくは 学術情報センターニュースNo.29の折込み記事をご覧ください。(同ニュースNo.30(平成6年12月発行予定)にも同様の記事を掲載する予定です)