オンライン・システム・ニュースレター No.53 (1995.12.20)


雑誌目録システム運用の一時変更について


学術雑誌総合目録和文編全国調査の実施に伴い,次のように雑誌システムの運用を変更します。

  1. レコード作成日が1995年8月14日以前の和雑誌の重複レコードを見つけた場合は,「削除予定レコード」処理をせずに,センターに「目録情報に関する質問書」と画面のハードコピーを添えて報告してください。運用変更期間は,全国調査期間中(現在から平成8年9月ごろまで)とします。
  2. 磁気テープへデータを採取したあと,センター側でのデータロードが終了するまで,オンラインでの所蔵更新・削除などは行わないでください。エラーの原因となります。データロードの終了は作業が終わった時点で個別にご連絡します。

また,今回初めて「磁気テープ」を提出する参加館は,データロードを円滑に行うため,事前にテストデータを作成して雑誌目録情報係に送付してください。
締切りは設けませんが,データが出来次第お早めにお願いします。また,テストデータはその形式を確認するためのものですので,件数は何件でも構いません。