オンライン・システム・ニュースレター No.54 (1996.03.30)


AACR2の改訂について(4)


 AACR2の改訂による変更点について,今回は,第25章 統一タイトル 及び 付 録A 大文字使用法の一部を取り上げます。

 なお,現在総合目録データベースでは,洋資料についても,統一タイトルは無著者名古 典,聖典及び音楽作品に対してのみ記録することになっています。

第25章  統一タイトル

25.1 統一タイトルの使用

25.1A     (AACR2 25.1)
    改訂内容:統一タイトルを使用する目的,及び,統一タイトルの必要性を判断する基
            準が追加された。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2Amen.93  統一タイトルを使用する目的として,異なるタイトルのもとに出版
  |             された著作の目録記入をまとめる手段・著作を識別する手段として
  |             のほかに,「同一の本タイトルのもとに出版された複数の著作を区
  |             別する手段」「ファイルを組織化する手段」となることが追補され
  |             た。
  |             統一タイトルを使用する必要があるかどうかを決定する基準の1つ
  |             として,「同じ本タイトルを持つ別の著作があることがわかってい
  |             るかどうか(25.5Bを見よ) 」が追加された。
  |             (25.5Bは,AACR2の25.5Bと25.5Cを合わせたもの)。
 └──────────────────────────────────────┘


25.2 通則

25.2A 
    改訂内容:どのような場合に統一タイトルを使用するかについての言及が削除された
      (1988年改訂では使用すべき場合が拡大されたが,1993年修正によ
            り,これについては25.1Aにまとめられたと思われる) 。
       また,統一タイトルの形の決定について従うべき参照規則が拡大した。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2     「著作の具象化されたもの(改訂版を除く)が種々のタイトルのも
  |       とに現れる場合,25.3-25.4に指示するように,一つのタイトルを
  |       統一タイトルに選ぶ。」(後略)              
  |                                
  |AACR2Amen.93  「ある著作に対する統一タイトルは,以下の各規則の指示に従って
  |              形を決定する。」
  |              特定記述対象の記入に対して統一タイトルを用いるべき場合につい
  |              ての段落は削除。
  |              角括弧の使用法については変更なし。
 └──────────────────────────────────────┘


25.2C 冒頭の冠詞(AACR2R88による新設)

25.2C1  (新設条項)
  改訂内容:1988年改訂による新設規定。冠詞に関しては,25.3(1501年
      以降に創作された著作)に言及があったが,原則として省略するよう大きく
      変更された。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2 25.3A  「文法上の理由から冠詞が必要でない場合は,基本記入の標目とし
  |       て用いる統一タイトルからのみ冠詞を省略する(すなわち,その他
  |       のすべての統一タイトルの冒頭の冠詞はそのまま残す)。」   
  |       25.3B  原版の本タイトルを用いる場合に省略するものの1つとして,「文
  |       法上の理由から必要とされない,基本記入の標目として用いる統一
  |       タイトルの冒頭の冠詞」。                 
  |                                         
  |AACR2R88   「統一タイトルを冠詞のもとにファイルする場合(例えば,人名や
  |       地名で始まるタイトル)を除いて,冒頭の冠詞は省略する。」 
  |       (省略が原則となったため,25.3A, 25.3Bから上記の記述は削除さ
  |       れた。)                           
 └──────────────────────────────────────┘
       09*例)AACR2:  Dickens, Charles
                       [The Pickwick papers]
            The posthumous papers of the Pickwick Club 
                AACR2R: Dickens, Charles
                       [Pickwick papers]
                      The posthumous papers of the Pickwick Club (25.3Aの例) 

        AACR2:  Hemingway, Ernest 
                [The sun also rises] 
                       Fiesta ... 1927
         AACR2R: Hemingway, Ernest 
                 [Sun also rises] 
             Fiesta                   (25.3Aの例) 

        AACR2:  Gaunt, William
            [The pre-Raphaelite tragedy] 
            The pre-Raphaelite dream ... 
        AACR2R: Gaunt, William
            [Pre-Raphaelite tragedy] 
            The pre-Raphaelite dream          (25.3Bの例) 
 
典礼書
25.19 通則

25.19B  (新設条項)
  改訂内容:1993年修正による新設規定。21.38Aの同修正を参照のこと(複数の宗
      派によって認められている神学的信経・信仰告白等の記入方法の変更)。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2Amen.93 1つ又は複数の宗派によって認められている神学的信経,信仰告白
  |       等に対する統一タイトルとしては,もしあれば,英語で確立したタ
  |       イトルを用いる。ないときは,原語のタイトルを用いる。   
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例)Augsburg Confession 
                Westminster Confession of Faith 
        Nicene Creed


音楽作品
  この部分は1988年改訂版で全面的に改訂され,条項番号は次のように再構成されて
いる。(1) 09
======================================================================
=         AACR2Amen.93      AACR2R88            AACR2           =
======================================================================
= 25.25 通則                             =
=               25.25A(r)      25.25        =
= 個々のタイトル                           =
= 25.26 通則                             =
=               25.26A(n)                =
= 25.27 タイトルの選定                        =
=     25.27A1(a)     25.27A1(r)     25.27A       =
=                       25.27B1(r)               =
=               25.27C1       25.27F       =
=               25.27D1       25.27C       =
= 25.28 タイトル主要素(2)の分離                    =
=               25.28A(r)      25.26A       =
= 25.29 タイトル主要素の作成                     =
=                        25.29A1       25.27B       =
=               25.29B1       25.27D       =
=               25.29C1       25.27E       =
= 25.30 1つ以上の楽曲形式の名称から成るタイトル主要素への付記事項  =
=               25.30A1(n)               =
=     25.30B1(a)     25.30B1(r)     25.29A1-A4     =
=               25.30B2(r)     25.29B       =
=               25.30B3(r)     25.29C       =
=     25.30B4(a)     25.30B4(r)     25.29D1-D5     =
=     25.30B5(a)     25.30B5(r)     25.29E       =
=     25.30B6(a)     25.30B6(r)     25.29F       =
=                         25.30B7(r)     25.29G       =
=     25.30B8(a)     25.30B8(r)     25.29H1       =
=                25.30B9(r)     25.29H2       =
=               25.30B10(r)     25.29H3       =
=               25.30B11(r)     25.29J       =
=               25.30C1(r)     25.31A1       =
=               25.30C2(r)     25.31A2       =
=               25.30C3(r)     25.31A3       =
=               25.30C4(r)     25.31A4       =
=               25.30D1(r)     25.31A5       =
=               25.30D2(r)               =
=               25.30E1(r)     25.31A6       =
= 25.31 その他のタイトル主要素への付記事項              =
=               25.31A1(n)               =
=               25.31B1(r)     25.31B1       =
=               25.31C1(r)     25.31B4       =
= 25.32 作品の部分                           =
=               25.32A1(r)     25.32A1       =
=               25.32A2(r)     25.32A2       =
=     25.32B1(c)     25.32B1(r)     25.32B1       =
=               25.32B2(r)     25.32B2       =
=               25.32C1(n)               =
= 25.33 合刻された2作品                       =
=               25.33A(r)      25.33        =
                                    
======================================================================
=         AACR2Amen.93      AACR2R88            AACR2           =
======================================================================
= 25.34 集合タイトル                         =
=               25.34A1(r)     25.34        =
=     25.34B1(a)     25.34B1(r)     25.35        =
=               25.34C1(r)     25.36A       =
=               25.34C2       25.36B       =
=               25.34C3(r)     25.36C       =
= 25.35 音楽作品への付記事項                     =
=                          25.35A1(n)               =
=               25.35B1(r)     25.30        =
=               25.35C1(r)     25.31B2       =
=               25.35C2(n)               =
=               25.35D1(r)     25.31B3       =
=               25.35E1(r)     25.31B5       =
=     25.35F1(a)     25.35F1(r)     25.35B7       =
=     削除                25.35F2(r)     25.31B6       =
======================================================================
 AACR2R88の項番を基本とし,Amen.93で修正されたもののみAACR2Amen.93の列に項番を
 記した。項番の後ろの丸括弧内のアルファベットは,
     (a) 修正  (c) 訂正  (n) 新規定  (r) 改訂
  が行われたことを意味する。これらのないものは,項番が変わっていても,本文の変更
  はない。

 (1)1988年改訂版の当該部分は,鳥海恵司氏によって日本語に翻訳されている(「A
  ACR2/1988年改定版 第25章 統一タイトル 「音楽作品」」鳥海恵司訳
 (MLAJ Newsletter. Vol. 11, No. 2 (1989.9.1) pp.7-21 )。また,同論文には
   Music Cataloging Bulletin. v. 20, no. 4 所収の新旧番号対照表も翻訳されている。
   この記事を書くに当たり,参考とさせていただいた。
 (2)原語は"initial title element" 。上記論文の訳語に従った。AACR2 ではこの語句に
  相当する部分に,"title" 等の語が用いられていた。AACR2R88の用語解説の"Initial
    title element"の項によれば,「音楽作品のタイトルから選択され,その作品の統一
    タイトルの冒頭に置かれる語(句)。規定により付記事項を加える必要がない場合は,
  この要素自体が当該作品の統一タイトルとなる。」 


25.25 通則

25.25A    (AACR2 25.25) 
  改訂内容:適用すべき条項をより詳細に規定するようになった。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2     25.26-25.36 ←音楽作品に対する統一タイトル
  |                                          
  |AACR2R88   25.26-25.31 ←音楽作品に対する統一タイトル
  |       25.32 ←音楽作品の部分に対する統一タイトル
  |       25.33←1人の作曲者による2つの音楽作品,又は,1つの作品と
  |       別作品からの1部分,又は,1作品の1部分と別作品の1
  |       部分が一緒に刊行された場合
  |       25.34 ←集合統一タイトル
  |       5.35 ←個々の具象化を示す,統一タイトルへの付記事項(適宜)
 └──────────────────────────────────────┘


個々のタイトル
25.26 通則

25.26A  (新設条項)
    改訂内容:1988年改訂による新設規定。各要素について拠るべき条項の指示。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88   25.27-25.29 の指示に従って,音楽作品に対する統一タイトルの主
  |       要素を作成する。                     
  |       25.30-25.32 及び 25.35の指示に従って,タイトル主要素への付記
  |       事項を加える。                      
  |       付記事項が必要でない場合は,タイトル主要素を,その作品に対す
  |       る統一タイトルとして用いる。                
 └──────────────────────────────────────┘


25.28 タイトル主要素の分離

25.28A    (AACR2 25.26A)
  改訂内容:タイトル主要素の決定に当たってタイトルから省略するものの追加。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2        「25.27-25.36 で用いる「タイトル」は作品を名付けた語句を意味
  |       するが下記に示す部分を除く。(1)〜6)省略)」        
  |                                      
  |AACR2R88     「タイトル主要素の決定に当たっては,25.27 に従って選定したタ
  |       イトルから次のものを省略する。(1)〜6)省略)        
  |        7) 冒頭の冠詞 (25.2C を見よ) 。              
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例)AACR2:    Les deux journees
          AACR2R88: Les deux journees

         AACR2:    The seventh trumpet
        AACR2R88: The seventh trumpet

        AACR2:  Die Zauberflote
        AACR2R88: Die Zauberflote
         (下線部が上記定義によるタイトルないしタイトル主要素) 


25.30 1つ以上の楽曲形式名から成るタイトル主要素への付記事項

25.30A 通則

25.30A1  (新設事項)
    改訂内容:1988年改訂による新設規定。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88    タイトル主要素が,楽曲形式名のみで構成されている場合は,25. 
  |       30B-25.30Eの指示に従って,これに付記事項を加える。付記は指定
  |       された順序で行う。各要素はコンマに続けて記載する。その他の要
  |       素については,25.31 を見よ。               
 └──────────────────────────────────────┘


25.30B 演奏手段

25.30B1 通則
          (AACR2 25.29A1-A4)
    改訂内容:25.29A1(演奏手段の付記), A2(演奏手段を付記しない場合), A3(記録方法),
            A4(パート数を記録する場合)が,1988年改訂により通則として1つに
      まとめられた。同改訂により,通奏低音への言及が追加された。(1993
      年修正では,語句や例示の変更・訂正があった)。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2 25.29A3 人声,2以上の非鍵盤楽器がある場合の鍵盤楽器,スコアの順にそ
  |       の他の楽器,の順序で各要素を記載する。          
  |                 ┛                          
  |AACR2Amen.93  人声,2以上の非鍵盤楽器がある場合の鍵盤楽器,スコアの順にそ
  |       の他の楽器,通奏低音の順序で各要素を記載する。       
 └──────────────────────────────────────┘
     09*例) [Trio sonatas, flute, bassoon, continuo ...]


25.30B4 個々の楽器
          (AACR2 25.29D1-D5)
   改訂内容:25.29D1(用語), D2(鍵盤楽器), D3(省略する要素), D4(通奏低音), D5(楽
            器名を特定しない鍵盤楽器)が,1988年改訂により1つにまとめられた
      同改訂及び1993年修正により,通奏低音に関する指示の一部変更あり。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2 25.29D4 「basso continuo, figured bass, thorough bass と名付けられて
  |       いてもfigured bass(数字付低音)のパートに対してはcontinuoを
  |       用いる。」                        
  |                                           
  |AACR2Amen.93 「通奏低音に対しては,数字の有無にかかわらず,具象化されてい
  |       るかどうかにかかわらず,また,basso continuo, figured bass, 
  |       thorough bass, continuo のどれが称されている場合でも,conti-
  |       nuo を用いる。                      
 └──────────────────────────────────────┘


25.30C 数の識別要素

25.30C2  (AACR2 25.31A2) 
  改訂内容:逐次番号の典拠を明示するようになった。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88   同一タイトルで同一演奏手段の作品に,音楽関係の参考資料で逐次
  |       番号がつけられている場合は,その番号を付記する。     
 └──────────────────────────────────────┘

25.31 その他のタイトル主要素への付記事項

25.31A 通則

25.31A1  (新設条項)
  改訂内容:1988年改訂による新設規定。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88   タイトル主要素が楽曲形式名のみで構成されているのではない場合
  |       は,必要に応じて,25.31B-25.31C の指示に従って付記事項を記載
  |       する。                         
 └──────────────────────────────────────┘


25.31B 重複の回避

25.31B1 
  改訂内容:1の付記事項で統一タイトルの重複を免れない場合に,更に追加できる付
      記事項の数が増加した。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2     演奏手段又は説明語句の付記によって重複が回避できない場合は,
  |        25.31Aで規定した要素の1つを付記する。
  |                       
  |AACR2R88   演奏手段又は説明語句の付記によって重複が回避できない場合は,
  |        25.30C-25.30E で規定した要素の1つ以上を付記する。
  |       (25.30C-25.30EはAACR2の25.31Aに相当する。)
 └──────────────────────────────────────┘


25.32 作品の部分

25.32A 単独の部分

25.32A1 
  改訂内容:番号への言及の追加。サブセクションを設けて詳細に規定するようになった。
      編曲に関する第2段落を削除。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2       音楽作品の単独に出版された部分に対する統一タイトルとして,作
  |       品全体のタイトルを用い,それに続けて,その部分の表示とタイト
  |       ルとの双方又は一方を記載する。              
  |                                           
  |AACR2R88      音楽作品の単独に出版された部分に対する統一タイトルとして,作
  |       品全体の統一タイトルを用い,それに続けて,その部分のタイトル
  |       か語句による表示(以下,タイトル等)と番号との,双方あるいは
  |       一方を,下記の指示のように記載する。           
  |       a)各部分が番号でのみ識別できる場合は,目録対象部分の番号を用
  |        いる。                         
  |       b)各部分がタイトル等でのみ識別できる場合は,目録対象部分のタ
  |        イトル等を用いる。                   
  |       c)各部分が番号とタイトル等のいずれでも識別できる場合は,目録
  |        対象部分のタイトル等を用いる。             
  |        各部分が番号及び同一のタイトル等で識別できる場合は,目録対
  |        象部分の番号を用いる。                 
  |       d)各部分が番号で識別でき,うち一部はタイトル等でも識別できる
  |        場合は,目録対象部分の番号を用い,タイトル等があるものに対
  |        しては,それを続けて記載する。             
  |       e)目録対象部分が,固有のタイトルを持つより大きな部分に属して
  |        いる場合は,より大きな部分も統一タイトルに含める。固有のタ
  |        イトルでなければ,より大きな部分の表示は省略する。ただし,
  |        それが目録対象部分の識別に必要ならば,その表示を含める。
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例) a) Brahms, Johannest
          [Ungarische Tanze. Nr. 5] 
          b) Verdi, Giuseppe
          [Aida. Celeste Aida]
          χVerdi, Giuseppe. Celste Aida
         c) Mozart, Wolfgang Amadeus 
               [Cosi fan tutte. Come scoglio]
                     (各アリアにタイトルと番号がついている(Come scoglioは14番))
          χMozart, Wolfgang Amadeus. Come scoglio
           Vivaldi, Antonio 
          [Estro armonico. N. 8]
           (各部分に番号と,Concertoというタイトルがついている)
        d) Schumann, Robert 
          [Album fur die Jugend. Nr. 30]
          Schumann, Robert 
          [Album fur die Jugend. Nr. 2, Soldatenmarsch] 
          χSchumann, Robert. Soldatenmarsch
         e) Praetorius, Hieronymus 
          [Opus musicum. Cantiones sacrae. O vos omnes] 
          χPraetorius, Hieronymus. O vos omnes 
           Handel, George Frideric
          [Messiah. Pifa] であって,Messiah. Part 1. Pifa とはしない。
          Verdi, Giuseppe
          [Traviata. Atto 3o. Preludio] 


25.32A2 
   改訂内容:総称的な部分名称に対して,規定の用語の付記では識別できない場合の指
         示の追加。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88     (25.30-31に指示する用語)の付記では十分でなければ,その曲集
  |       における当該部分の番号を決め,これを丸括弧にいれて付記する。
 └──────────────────────────────────────┘
        09*例)Milan, Luis 
               [Maestro. Pavana (No. 23)] 
        Milan, Luis 
         [Maestro. Pavana (No. 24)] 


25.32C 付記事項 (AACR2R88による新設) 

25.32C1   (新設条項)
  改訂内容:1988年改訂による新設規定。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88      音楽作品の単独又は複数の部分に対する統一タイトルに,25.35 で
  |       規定する要素の適切なものを必要に応じて付記する。     
 └──────────────────────────────────────┘
     09*例)Wagner, Richard 
         [Ring des Nibelungen. Walkure. Librett. English & German]
        Bach, Johann Sebastian
         [Weihnachts-Oratorium. 1.-2. Theil. Vocal score. English & German] 
        Handel, George  Frideric
                 [Messiah. He shall feed His Flock; arr.] 


25.35 音楽作品に対する付記事項

25.35A 通則

25.35A1   (新設条項)
  改訂内容:1988年改訂による新設規定。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88    必要に応じて,音楽作品の統一タイトルに,25.35B-25.35F の指示
  |       に従ってその他の付記事項を記録する。付記事項は規定の順序で記
  |       録する。統一タイトルにSelectionsの語を付記する場合は(25.32B1
  |       及び25.34C3 を見よ),これを最後の要素として付記する。ただし
  |       arr.を使用する場合は(25.35Cを見よ),最後の要素の直前に付記
  |       する。各付記事項は,特に規定する場合を除き,ピリオドに続けて
  |       記載する。                        
 └──────────────────────────────────────┘


25.35C 編曲

25.35C1  (AACR2 25.31B2) 
   改訂内容:適用範囲をいわゆるクラシック音楽に限定。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88    作品がいわゆる「純音楽」「クラシック音楽」「芸術音楽」という
  |       カテゴリーに属し,編曲と見なされ,かつ,原作曲者に対する標目
  |       のもとに記入される場合は (21.18Bを見よ),原作に対する統一タ
  |       イトルとセミコロンに続けてarr.の語を付記する。この指示は,原
  |       作曲者によるトランスクリプションにも適用する。      
 └──────────────────────────────────────┘

25.35C2   (新設条項)
  改訂内容:1988年改訂による,いわゆるポピュラー音楽を適用範囲とする規定の
       新設。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88    作品がいわゆる「ポピュラー音楽」というカテゴリー(例えば,ロ
  |       ック,ジャズ)に属し,編曲とみなされ,かつ,原作曲者に対する
  |       標目のもとに記入される場合は (21.18Bを見よ) ,原作に対する統
  |       一タイトルを用いる。目録対象作品が下記に該当する場合にのみ,
  |        arr.の語を付記する。                   
  |       a)器楽作品がボーカル又は合唱用に編曲された場合      
  |       b)ボーカル作品が器楽演奏用に編曲された場合        
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例)MacDermot, Galt 
                 [Hair. Selections; arr.] 
          Hair '72 : the Americal tribal love-rock musical / [lyrics] by 
        James Rado, Gerome Ragni ; [music by] Galt MacDermot ; concert band
        arranged by Len Goldstyne
           (バンド用に編曲されたボーカル音楽)
            しかし,
        Carmichael, Hoagy 
         [Songs. Selections]
         Hoagy Carmichael : a choral portrait : for S.A.B. voices and 
        piano with optional guitar, bass, drums, and vibraphone / music by 
               Hoagy Carmichael ; arranged by Robert Sterling 
           (伴奏つき合唱用に編曲された歌曲) 


25.35D 声楽及び合唱の総譜(ボーカル及びコーラス・スコア)

25.35D1   (AACR2 25.31B3) 
  改訂内容:付記する用語として,複数形にも明示。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2R88   目録対象がボーカル又はコーラス・スコアの場合は,統一タイトル
  |       に,Vocal score(s)又はChorus score(s) の語を付記する。   
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例)Wagner, Richard 
         [Operas. Vocal scores ...] 


25.35E リブレットと歌曲のテキスト(歌詞)

25.35E1  (AACR2 25.31B5) 
  改訂内容:オペラなどの合集に関する指示を追加。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2         Libretto:オペラ,オペレッタ,オラトリオなどのテキストのみの
  |       ものに対する統一タイトルへの付記事項      
  |       Text又はTexts :歌曲,連作歌曲,歌曲集に対する統一タイトルへ
  |       の付記事項                
  |AACR2R88     Libretto:オペラ,オペレッタ,オラトリオなどのテキストのみの
  |       ものに対する統一タイトルへの付記事項      
  |       Text:歌曲のテキストに対する統一タイトルへの付記事項   
  |       Librettos :単独の作曲者によるオペラ,オペレッタ,オラトリオ
  |       などのテキストのみを収録する合集に対する統一タイ
  |       トルへの付記事項                
  |       Texts :単独の作曲者による合集で,Librettos と付記しない場合
  |       の付記事項                    
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例)Mozart, Wolfgang Amadeus
            [Operas. Librettos ...]


付録A 大文字使用法

A.4 タイトルと責任表示エリア

A.4A1 タイトル要素(通則)
          (AACR2 A.4A, A.4B, A.4D)
  改訂内容:「引用されたタイトル」(A.4B)を含めて通則となった。「本タイトルのも
            とに記入されるタイトル」(A.4D)の規定が削除された。(元のA.4C, 4E, 4F, 
      4G, 4Hは,それぞれ,A.4B1, 4C1, 4D1, 4E1, 4F1に規定されている)。
 ┌──────────────────────────────────────┐
  |AACR2 A.4A  本タイトル,別タイトル,並列タイトルの初語は大文字で始める。
  |       その他の語は,タイトル関連情報の要素の初語を含めて,当該言語
  |       の規則の指示に従って大文字を使用する。          
  |       A.4B  引用されたタイトルは,その初語をそれぞれ大文字で始める。 
  |       A.4D    本タイトルのもとに記入される著作の初語が冠詞である場合,その
  |       次の語も大文字で始める。                 
  |                  ┛                         
  |AACR2Amen.93 タイトルの初語(本タイトル,別タイトル,並列タイトル,引用さ
  |       れたタイトルなど)は大文字で始める。           
  |       その他の語は,当該言語の規則の指示に従って大文字を使用する。
 └──────────────────────────────────────┘
      09*例)AACR2:   A Dictionary of American English on historical principles
            Amen.93: A dictionary of American English on historical principles

        AACR2:   Les Cahiers du tourisme
        Amen.93: Les cahiers du cinema

        AACR2:   The Anatomical record
        Amen.93: The anatomical record