オンライン・システム・ニュースレター No.59 (1997.06.30)


新CAT/ILL システムの現状と今年度の予定


平成9年4月から,新CATシステムテスト用サーバの公開を行っています。今年度は, 引き続き新CATシステム普及のための開発と新ILLシステムの開発・公開を行う予定です。 以下,新CAT/ILLシステムの現状と今年度の予定についてお知らせします。さらに詳細 な情報や最新情報を入手したい場合は,次の目録情報課ホームページをご覧になってくだ さい。 http://www.cat.op.nacsis.ac.jp/INFO/newcat/index.html

  なお,本号には平成8年度後半に開催した「新目録所在情報サービス全国説明会」の配
布資料を再録しました。皆様の図書館システムの,新CAT/ILL システム対応の検討等にご
活用下さい。

(1) 新CATシステム・テスト用サーバの利用
  これは,新CATシステムのクライアントを開発する上でテスト的に利用できるサーバで
す。図書館システム開発業者および現サービスの利用者であれば利用可能ですが,あらか
じめ申請が必要です。利用申請の方法については,上記目録情報課のホームページを参照
して下さい。

(2) APIの公開
  APIとは,サーバとの間で新プロトコルCATPのやりとりをするクライアント機能を実現
したプログラムです。先に公開した仕様書に基づき,センターでJava言語を用いて開発し
たものを公開する予定です。

(3) Java版新CATシステム・クライアントの公開
  平成8年度にクライアントプロトタイプとして開発したものを,バージョンアップし,
クライアントの1つのモデルとして公開する予定です。

(4) 新ILLシステム関連
  新ILLシステムサーバの開発および新ILLシステム・クライアントプロトタイプの開発を,
平成9年度に行う予定です。公開は,平成9年度後半となります。

(5)   その他
 新CAT/ILLシステムに関する情報交換の場として,メーリングリストを作成し,システ
ム開発メーカーおよび図書館の方々からの,ご意見ご質問を受付けています(FAXでご質
問いただいても結構です)。主なご意見ご質問については,次号以降で紹介したいと思い
ます。
  現在,各開発メーカーとも,新CATシステム対応クライアントの開発を進め,平成9年
後半から製品化されると聞きおよんでいます。各図書館においても,それぞれのメーカー
の対応状況をご確認なさって下さい。