オンライン・システム・ニュースレター No.61 (1997.12.20)


「目録情報の基準」第3版の刊行


平成9年12月,目録システム利用マニュアルのデータベース編として刊行している「目録情報の基準」の改訂を行い,第3版として刊行することとなりました(平成10年1月1日から適用)。

今回の改訂は,平成8年度以来,図書館目録担当者からなる総合目録小委員会で検討を重ねてきた結果,完成したものです。内容的には,和洋ファイルの統合やレコードの即時更新などの,新目録所在情報サービスへの移行段階でのシステム的な変更を反映したものとなっています。主な改訂点は,次のとおりです(詳細については,本文の「改訂に当たって」を参照してください)。

(1) 和洋ファイルの統合を反映した

(2) レコード項目一覧と記述文法は,コーディングマニュアルに掲載することとした

(3) 基本辞書の変更をした

(4) 用語の変更・統一を行った

(5) 索引を追加した

なお,この「目録情報の基準」は,新CATシステムへの完全移行や総合目録データベースの多言語化が実現する時点で,更に改訂を行う予定です。

(図書目録情報係)