オンライン・システム・ニュースレター No.61 (1997.12.20)


コーディングマニュアルの刊行


コーディングマニュアル未刊行部分のうち,今回は,「第7章 洋雑誌書誌レコード」及びその関連部分,「第25章 著者名典拠レコード(日本名)修正指針」を刊行します。今回のコーディングマニュアルの作成は,目録情報の基準の改訂と同様に,平成8年度以来総合目録小委員会で行ってきたものです。

[洋雑誌書誌レコード]

今回の刊行は,洋雑誌書誌レコードの記述ブロックの部分が中心となります。コードブロックと変遷ブロックについては,既に和雑誌書誌レコードの部分が刊行されていますので,それを参照してください。また,和洋共通に適用される,「新規書誌レコードの作成」と「第23章 雑誌書誌レコード修正」も同時に刊行しました。今回の刊行部分の,主な特色は次のとおりです。

(1) AACR2の最新の改訂(AACR2. Amendments.1993)までの内容を反映している。

(2) 準拠するAACR2を参照しなくとも,規定の内容が分かるような記述とした。

(3) NACSIS独自の規定については,それを明示した。

(4) 実データの事例を,できるだけ数多く示すようにした。

[著者名典拠レコード(日本名)修正指針]

著者名典拠レコードの修正指針は,今回が初めての刊行となります。基本的には,修正項目を発見した館が,独自に当該レコードを修正できることとしました。ただし,重要な部分の修正については,学術情報センターへの連絡と,修正に関しての注記が必要となります。


引き続き総合目録小委員会では,「第6章 和雑誌書誌レコード」と「第12章 著者名典拠(日本人以外:団体名)」の作成作業を進め,平成10年に刊行する予定です。

(図書目録情報係)