オンライン・システム・ニュースレター No.61 (1997.12.20)


目録システムに関する質問から


Q1:目録所在情報サービスのサービス時間を延長してほしい。

A1:サービス時間の延長に関しては,多くの利用者の皆様の御意見・御要望を参考にしたいと考えております。現在は,サービス時間終了後にデータベースのメンテナンス作業を行っています(平日18時〜22時)。これらの作業の効率化を図り,サービス時間の延長が可能かどうか検討を進めています。

Q2:NDC8版とNDC9版で異なる分類について,分類表の版を指定して検索できないか?

A2:searchコマンドで検索する場合は不可能ですが,文字列検索を行うscanコマンドを使えば可能です。一旦,何らかのキーワードで検索結果集合を作成してから,コマンド行にscanコマンドで「CLS=NDC9:×××」と指定します(「目録システム利用マニュアル 検索編」第3版,p.140,147,287を参照)。

Q3:目録情報に関する質問書/回答書データベースをよく利用しているが,データの更新回数を増やせないか。また,目次形式で一覧できる機能やキーワード一覧機能を追加しててほしい。

A3:今までは年1回の更新でしたが,今後は回数を増やすことを考えたい思います。
システム改善の目次形式一覧については,データ件数が多いので,目次形式での利用は使いづらいと思います。現在の機能でも,ファイルやフィールドなどの条件で大まかな検索をして,簡略表示させてから一覧することで同様の使い方が可能だと思います。
また,キーワード一覧機能については,現在のシステムは質問書全文の文字列検索を行っているので,実現するためには,システム的に大幅な変更が必要です。御要望は,具体的にどのようなキーワードが有効かを知りたいということだと思います。指定可能な件名を増やしたり,キーワードの指定方法の解説を充実することで,御要望にお答えしたいと思います。

Q4:書誌レコード調整関係の手引き・資料集を作成してほしい。

A4:基本的にはコーディングマニュアルを読んで,理解していただきたいと思います。
ただし,初めての担当者向けの解説のようなものは必要と思われるので,作成について検討いたします。

(図書目録情報係)