オンライン・システム・ニュースレター No.62 (1998.03.20)


重複書誌に対する注記(雑誌)


 この度,雑誌書誌レコードにおいても,図書書誌レコードと同様,重複書誌であるため削除対象レコードであることを示す注記を記録することにしました。
 この注記があるレコードは,将来,削除されるレコードですので,所蔵の登録を行わないでください。

[注記の形式]

 1番最初のNOTEフィールドに記録する

NOTE: @@@99999999,YYMMDD==>AA99999999

   センター管理番号,入力日付==>付替先書誌ID
  (西暦年の下2桁+6桁の一連番号)

[理由]

 センターにて重複レコードと判断した書誌は,速やかに重複統合の処理を行っていますが,学術雑誌総合目録全国調査実施時には一部レコードについて「削除予定レコード」への修正ができなくなる期間があります。(現在は,本誌60号でお伝えしたとおり,1997年8月14日以前に登録された洋雑誌が修正できません)
 その間,目録担当者がどちらのレコードを採用するか判断がつかず,削除対象となっているレコードに所蔵を登録してしまう可能性があります。
 今回は特に,昨年4月の和洋統合により大量の重複書誌が生じていることもあり,利用館の混乱及び削除すべき書誌への所蔵登録を回避するため,センターでは,削除対象レコードであることを示す注記を今後上のように記録することにします。

  なお,この注記はセンターのみが記録することとします。各参加組織の目録担当者は記録しないでください。
これらの書誌レコードに関する問い合わせは,NOTEフィールドに記録されたセンター管理番号と書誌レコードIDにてお願いします。

(雑誌目録情報係)