オンライン・システム・ニュースレター No.62 (1998.03.20)


BLDSC外部依頼レコードの処理


平成6年度より開始した,ILLシステムからBLDSCへの外部依頼機能は,利用数も年々増えておりますが, トラブルなどが発生することも時々あります。
今回は依頼時および依頼後の処理について,今後の参考になるような事例を紹介します。
なお,BLDSC外部依頼機能に関する説明や注意事項は,本誌のほか,操作マニュアル等にも掲載されて いますのであわせてご利用ください。

(1) BLDSC転送データの内容

依頼レコード(図1)をORDERまたはCHASEし,状態が「未処理」または「回答待」に移ると, 翌業務日に以下のような転送データ(ARTTel2様式,図2)が作成され,ARTTel2によりBLDSCへ 送られます。右にILLレコードのフィールド項目との対応関係もあわせて示します(図3)。

複写依頼詳細表示
>:
<LA0000210572> 準備中 OMLNM:学情セ OMLNID:FA012943
ACCT:pb TYOE:電子複写 SPVIA: ONO:98-001 ANO: PRMT:
BIB:TESL Canada Journal.(ISSN=0826435X).
VLNO:6PAGE:68-83 YEAR:1989
ARTCL:Swain, M "Manipulating and complementing content teaching ...."
HMLID:BLDSC HMLNM: LOC: VOL: CLS:8796.25700 RGTN:
BVRFY:BOSTON SPA SERIALS HVRFY
CLNT:相互太郎 CLNTP:工学部教授
ODATE:19980223
CMMNT:BACKUP
OSTAF:学情一郎 共同利用課情報・資料係 TEL=03-3942-6973 FAX=03-3944-6797
OLDF:
OLDAF:
OADRS:〒112-8640 東京都文京区大塚3-29-1 学術情報センター 管理部共同利用課情報・資料係御中

図1 依頼レコード画面例

TX LA0000210572 PHOTO ONLY BACKUP
TESL Canada Journal.
1989 6 68-83
Swain, M "Manipulating and compleme...."
ISSN=0826435X
8796.25700

SOR:BOSTON SPA SERIALS

図2 BLDSC転送データ例

TX LA番号(12) PHOTO ONLY CMMNT(11)
BIBNT(120)
YEAR VLNO PAGE(18)
ARTCL(80)
STDNO(40)
CLN(40)
BVRFY(36)

図3 対応するILLレコードのフィールド項目

  1. ARTTel2様式:1データ12行以内,1行40バイト以内,英数字のみ。
    1行目(TX行)には,依頼番号・複写/貸借別・メッセージコード。 貸借依頼の場合は,1行目の「PHOTO ONLY」が「LOAN」となります。
  2. ILLレコードの各フィールド項目カッコ内の数字は,ARTTel2に対する基本入力可能バイト数です。
  3. <BIBNT>,<STDNO>については, 本誌No.60「ILLシステムに関する質問から」 (BIBフィールドのNDLへの転送データについて)を参照してください。

(2) トラブルが発生したら...

BLDSCへの依頼で発生したトラブルには,ILLレコードの処理を伴う場合と伴わない場合とがあります。

◎ILLレコードの処理を伴う場合

以下の事例では,依頼内容を追加したり,コメントを入力するなどして依頼レコードをシステムに 再送信(CHASE)します。

  • 依頼からかなり経過したが何の応答もない
    → CMMNTに「CHASER」(BACKUP指定時は「BACKUP CHASER」)と入力して送信(CHASEコマンド)。
    ※ CHASERは依頼日から4週間(BACKUP指定時は8週間)経過後に行います。
    (ただし,依頼日から6ヶ月を過ぎるとBLDSC側で受け付けられなくなります。)
    ※「Chaser Team」(BLDSCの窓口)へ書面で直接問い合わせることもできます。

  • 複写依頼したはずなのに現物が送られてきた
    → このような処置を今後希望しない場合は,代理店を通じてBLDSCへ要請する。
    ※ BLDSC側の判断でこのような処置がなされることがあります。
    ※ ILLレコードについては,
    1. 複写依頼のままでよい:通常の確認処理を行ってください。
    2. 貸借依頼に切換えたい:相互協力係にお問い合わせください。

◎ILLレコードの処理を伴わない場合

  1. 届いた資料が不完全(不鮮明,一部欠落など)
    →「Chaser Team」宛に電話,FAXまたはE-mailで問い合わせる。
    電話:+44 1937 546433 FAX:+44 1937 546203
    E-mail:dsc-chaser-team@bl.uk
  2. 届いた資料が依頼内容と違う
    → 包装物の宛名で「Chaser Team」の後に「WRONG ITEM」と付記しChaser Team へ資料を返送する(資料には何も書き込まない)。
  3. ※ BACKUP LIBRARYから届いた資料は,BACKUP LIBRARY宛に同様に返送する。

(3) その他

  1. 支払区分(料金入力)を間違えたので修正したい
    → 前掲の転送ファイル対象データ以外のフィールド項目(ANO除く)の修正は,依頼館の任意で 行うことができる。修正後は,SAVEコマンドでレコード内容を保存する。
    フィールド修正可能なレコード状態は,「準備中」,「外部依頼中」,「照会」および「借用中」 (※ただし,コマンド(ORDERまたはCHASE)送信日の翌日午前中の「外部依頼中」レコードは, 転送作業時間帯のため修正できないことがあります)。
  2. 小数点計算ができないため,料金入力ができない
    → 上記@にもあるとおり,料金内訳は任意に定義できる。
    例1:QNT,UPRCEなどには入力せず,OLDAF(依頼館ローカル会計データ)フィールドに入力する(自由形式)。
    例2:平成10年2月末現在,クーポン1ユニット998円のところを便宜上1000円とみなし計算する。
    4.5ユニットの依頼について,QNT=45,UPRCE=100と入力(ユニットは10倍に計算,単価を1/10で計算)

(4) BLDSC依頼機能の関連記事等

  • ILL操作マニュアル第3版 p.161-180
  • 本誌 No.40, 42, 43, 44, 46, 54, 58, 59
  • BLDSC刊行物等
    「International Customer Handbook (for JAPAN) 1st Edition 1996」
    「A guide to coded replies for international automated customers revised list 1997」

(相互協力係)