オンライン・システム・ニュースレター No.63 (1998.06.30)


日仏会館遡及入力の完了


総合目録データベースの遡及入力支援事業の一環として,平成7年度から実施してきた日仏会館のフランス語資料の遡及入力が,平成9年度末をもって完了しました。


今回の遡及入力により,日仏会館が所蔵する図書のうち約3万4千冊のデータが入力されたことになります。そのうちの約60%にあたる約1万9千件は,新規書誌レコードとして登録されました。これは,現在総合目録データベースに登録されているフランス語資料の約10%にあたります。上記の新規書誌レコード中,参照ファイルからの流用入力が13%,RECONファイルからの流用入力が5%,残りはNCからの流用入力となっています。また年代的には,学術情報センター設立以前にあたる1980年代より前に出版された図書が,約80%を占める結果となりました。


今後の遡及入力支援事業としては,平成10年度に遡及分を含めたドイツMARCの導入を計画しています。本センターとしては,今後とも様々な形での遡及入力支援を図ってゆく予定です。


 日仏会館が作成した書誌レコードに関するレコード調整の連絡は,学術情報センターで行います。CRTFA(レコード作成館の参加組織コード)が「FA011463」のレコードについては,目録情報課図書目録情報係まで御連絡ください。またその際には,日仏会館関係のレコード調整である旨,書き添えるようお願いします。


(図書目録情報係)